しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち
作・絵: 田島かおり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
はずかしがりやのしろうさちゃんは、おねえちゃんと一緒に影ふみ遊びをして帰ります。きょうだいのやりとりに心あたたまる絵本。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
よるですよう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よるですよう

作: 松谷 みよ子
絵: 武田 美穂
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「よるですよう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年7月
ISBN: 9784062610599

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

名作童話『ちいさいモモちゃん』の絵本版。
おるすばんをしているモモちゃんとプーが「夜ごっこ」をするお話。ふだんは夜はこわいけれど、昼間にするごっこ遊びなら楽しい。子どもの空想の世界を描きます。

ベストレビュー

お留守番って

 松谷みよこの名作「ちいさいモモちゃん」からのシリーズの一冊。小学生くらいになったら、自分で読めるけど、その
前に一つ一つお話に慣れていくのにぴったり。

 モモちゃんがある日ねこのプーとお留守番。どうもママのお出かけは長くなりそう。待っている間、モモちゃんは自分のお部屋で「よるごっこ」をすることに。

 分厚いカーテンを閉めて、お部屋はまっくら。プーの目が光ることにびっくりしていると、あらあら、どこかからしわがれた声がします。それは、パパのお土産のまほうつかいのお人形の声。あっという間に空を飛び回り、部屋中きらきらと星のくずが・・・。あ!もえちゃうかも!

 モモちゃんはプーと一緒に戦います。そして、プーが勝ち、ほっとしたモモちゃんはおねんねごっこ。やがて、ママが帰ってくると、まっくらな部屋の中に毛布にくるまってモモちゃんとプー。

 お留守番のドキドキする心と火事をこわがるモモちゃんの心の動きがとてもわくわくさせるお話になっています。このシリーズの中でも、読み応えのあるお話だと思います。
(まめひめさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

紙芝居 たこやたこざえもん / 紙芝居 天人のよめさま / 紙芝居 ばけくらべ / まえがみたろう〈前編〉 / まえがみたろう〈後編〉 / さるとかに

武田 美穂さんのその他の作品

紙芝居 あさのおしたく これだれの? / ゆるびーくんゆうえんちにいく / ゆるびーくんのうんどうかい / きらい きらい! / ゆるびーくんえんそくにいく / ふみきり かんかんくん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > よるですよう

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

よるですよう

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット