話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
ねずみきょう

ねずみきょう

作: こわせ たまみ
絵: 高見 八重子
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,210

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784790252177

2歳から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おじいさんの命日に、偶然やってきたお坊さん。実はにせもので、お経もでたらめ。でもおばあさんはありがたくそのお経を覚え…。
おもしろさのポイントは、にせもののお坊さんがねずみの様子になぞらえて唱えた即興のお経を、泥棒が自分のことを言っていると勘違いするところ。どんどんエスカレートしていく泥棒の恐怖心をあおるように、おばあさんのお経をそれらしく読んでもらえればと思います。
とくにかわいらしいのは、あちこちにチョロチョロと出てくるねずみの姿。子どもたちといっしょに探してみてくださいね。
とかく物騒な世の中ですが、ときにはちょっとのんきな昔話を楽しむのもよいのでは?

ねずみきょう

ねずみきょう

ベストレビュー

おんちょろ、おんちょろ、でてこられそうろう・・・

「おんちょろ、おんちょろ。でてこられそうろう・・・・・・」と、おばあさんは、疑いもせずに毎日それを覚えて唱えているのが、凄く面白く、私も声に出して読んでいると不思議な気持ちになれました。そのねずみきょうが、泥棒を追い出すことが出来たわけだから、有り難いお経なんだと思いました。人のよいおばあさんの周りには、ねずみたちが、チョロ、チョロしてなんとも穏やかなのがいいなあと思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

こわせ たまみさんのその他の作品

あったかいものね / あかずきん / 武井武雄絵本コレクション ぬけだしたジョーカー / はなさかじいさん / さんねんねたろう 第2版  / ももたろう

高見 八重子さんのその他の作品

ゆりかごのうた / うらしまたろう / 小さな勇気 / あめふりくまのこ / いっすんぼうし / なんじゃもんじゃのいのち



4月の新刊&オススメ絵本情報

ねずみきょう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット