100円たんけん 100円たんけん 100円たんけんの試し読みができます!
文: 中川 ひろたか 絵: 岡本 よしろう  出版社: くもん出版
100円でなにが買える? お金の見方がちょっと変わる、 はじめてのお金えほん!
ゆうちょさんさん 60代・じいじ・ばあば

これはとってもおもろい
これはとってもおもろいです。 普…
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
虫の知らせレストラン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

虫の知らせレストラン

著: 怪談レストラン編集委員会 松谷 みよ子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

虫の知らせレストランへようこそ。形見のママー人形、ツベタンカのバラ、死のジャケットなど背筋がゾーッとするような“楽しいお話”が満載。「怪談レストラン」シリーズ最新刊。ハードカバー版。

ベストレビュー

オチはあまりないです

今回は虫のしらせなので、予告のまま話がすすむので、意外性にはやや欠け、そんなに怖くないし、オチもないです。でも素直に読めるので、小学生には良いと思います。

「死のジャケット」は不吉なことを言われて捨てようとしたダグラス卿が救われ、欲しがった召使は予言どおり死ぬという結末で、予知夢や虫のしらせをあなどってはいけないなあと思います。

「カラスの尾羽根」では国のために命を投げ出す者に対する最後の酒でも没収してまわる役人に腹が立ちます。周囲が「こんな国のために命を捨てなくていい、生きて帰れ」」というのも分かります。戦争はばかばかしいものです。国の名目や国の利益のために個人の幸せや命を捨てさせるのが義務だなんてばかげていると思います。

時々聞く名前ですが、ツベタンカという名前がブルガリア語で花の子という意味というのは初めて知りました。知識が入って良かったです。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


怪談レストラン編集委員会さんのその他の作品

図書館版怪談レストラン(全10巻) / 図書館版怪談レストランナビ[図書館版](全3巻) / 怪談レストランナビ 妖 / 怪談レストランナビ 霊 [図書館版] / 怪談レストランナビ 魔 [図書館版] / 怪談レストランナビ 妖 [図書館版]

松谷 みよ子さんのその他の作品

紙芝居 たこやたこざえもん / 紙芝居 天人のよめさま / 紙芝居 ばけくらべ / ともだち<復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら<復刊傑作幼児絵本シリーズ 10>



林木林さん×ねじめ正一さん対談インタビュー

虫の知らせレストラン

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット