話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
新刊
ぱんつさん

ぱんつさん(ポプラ社)

ずぼずぼずぼっとあらわれた、ぱんつさん。いっちに、いっちに、たいそうをはじめるけど…。想像を超える展開がクセになる本。

ポプラポケット文庫 火垂るの墓
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポプラポケット文庫 火垂るの墓

著: 野坂昭如
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥570 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

第二次世界大戦下、二人きりになってしまった清太(14歳)と節子(4歳)の兄妹。生きようとしても生きられなかった戦争の悲しみを描いた名作「火垂るの墓」ほか、子どもと戦争の物語5編を収録。

ベストレビュー

戦争について学び考えよう。

親も戦争を知らない世代、そんな現代の子供たちに戦争の悲惨さと平和の尊さを知ってもらう学んでもらうには。。。
親の私が子供の頃は、よく夏になると「火垂るの墓」(ジブリ)がテレビで放送されていましたが、近年はすっかり見なくなり残念に思っていました。
こうなると、もう本で知ってもらうしかないのかも。
未来を担う子供達に読んでほしい1冊に感じました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


野坂昭如さんのその他の作品

ウミガメと少年 / 野坂昭如戦争童話集 沖縄篇 ウミガメと少年


絵本ナビホーム > 児童 > 新書 > 日本文学、小説・物語 > ポプラポケット文庫 火垂るの墓

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

ポプラポケット文庫 火垂るの墓

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット