話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
おやすみなさいフランシス

おやすみなさいフランシス

  • 絵本
作: ラッセル・ホーバン
絵: ガース・ウィリアムズ
訳: 松岡 享子
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1966年07月
ISBN: 9784834000597

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から
サンケイ児童出版文化賞推薦
厚生省中央児童福祉審議会推薦
全国学校図書館協議会選定

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

おはなし

夜の7時。あなぐまの女の子、フランシスはもう寝る時間です。
おとうさんとおかあさんとキスをして、おやすみなさいを言って、ベッドに入ります。
でも、眠れないんです。
部屋の隅のほうに、とらがいるんじゃないかしら?
いすのところにおおおとこがいるみたい。
天井のひびわれから、何かが出てくるかもしれない・・・
フランシスは心配になって、その都度おとうさんとおかあさんのところへやってきては、やさしくたしなめられてベッドに戻っていきます。
でも最後には目を閉じて考えている間に眠ってしまうのでした。

みどころ

白黒の鉛筆画に、うすい緑色がついているだけなのですが、とても優しく、柔らかく、かわいく、癒される挿絵です。
子どもがなかなか寝付けない時の心情がうまく描かれています。
子どもはフランシスの気持ちがとてもよくわかるのでしょう。
大人も、そういえば子どもの頃はこんなふうに心細かったっけ、と思い出すことが出来ます。
長く愛されている名作のひとつです。

出版社からの紹介

アナグマの子どもフランシスは、いろいろ理由をつけていつまでもねむろうとしません。どこの子にも思いあたる話を、ほほえましくとらえて柔らかい鉛筆で描いたかわいらしい絵本です。

ベストレビュー

身近な題材の物語

「ジャムつきパン」でフランシスシリーズを知りました。
今回で2冊目です。

なかなか寝ようとしないフランシス、
あーだこーだ言ってはパパとママのところにやってきます。
同じような経験をしたことがあるためか、
真剣に耳を傾けて聞いていました。

いろんなやり取りの挙句、
ついにパパにおしりをぶたれることになるかもしれないフランシスが
「おやすみなさい!」と言って大急ぎでお部屋へ戻るシーン、
息子は大ウケでした!

最後、フランシスが自分でいろいろと言い聞かせて
やっと眠りにつくことができるシーン、
親心にかわいいなあと思いました。

フランシスの絵本、一見単調とも思える展開の中にも、
何気ない親子の日常生活がとってもよく描かれていて、
親子で気に入っています。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ラッセル・ホーバンさんのその他の作品

新装版 フランシスのいえで / フランシスとたんじょうび / 池のほとりのなかまたち / むしゃくしゃかぞく / わにのアーサーおよばれにいく / あこがれの星をめざして

ガース・ウィリアムズさんのその他の作品

すきがいっぱい / いつだってそばに / ねえ ねえ あそぼ / ミスタードッグぼくは ぼくだけの ぼく / だからそっとおやすみなさい / 天才コオロギ ニューヨークへ

松岡 享子さんのその他の作品

あたまをつかった小さなおばあさん がんばる / あたまをつかった小さなおばあさん のんびりする / ワンダ・ガアグ グリムのゆかいなおはなし / ワンダ・ガアグの「グリムのむかしばなし」について / おぼえること(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ3) / 選ぶこと(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ2)


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > おやすみなさいフランシス

【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット