ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
手遊びうたから人気の童謡まで、200曲を美しいイラストともに収録。歌詞、楽譜付き!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おそらに はては あるの?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おそらに はては あるの?

  • 絵本
作: 佐治晴夫
絵: 井沢 洋二
出版社: 玉川大学出版部 玉川大学出版部の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年12月
ISBN: 9784472403019

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

どうして夜は暗いのか。小さい子どもが初めて発する宇宙についての疑問に、真昼の星を見ることが大好きな科学者と、国際的に活躍する絵本作家がやさしく答える。素朴な疑問から宇宙のふしぎを解く絵本。

ベストレビュー

大人も考えさせられる

最初に読んだ時、子どもたちは真っ先に「おそらにはてはないと思う」と言いました。
読み進めていくうちに、あれ?違うの?
とても不思議そうにじっくりと読み聞かせを聞いていました。
私自身もこのあたりの理論はよくわかっておらず、子どもたちと一緒にあれ?なんで?と不思議に思いながら読みました。
考えているうちに頭がこんがらがってくるのですが、それでもつい考えてしまいます。
世界は不思議でいっぱいですね。
(りおらんらんさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐治晴夫さんのその他の作品

14歳のための時間論



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

おそらに はては あるの?

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット