これなんなん? これなんなん? これなんなん?の試し読みができます!
作: くりはらたかし  出版社: くもん出版
タヌキの島に流れ着く、さまざまな人間の道具。何に使うもの? タヌキたちは物知りな長老に質問しますが、長老の答えは…?
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
あるげつようびのあさ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あるげつようびのあさ

  • 絵本
作: ユリ・シュルヴィッツ
訳: 谷川 俊太郎
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,553 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784198601027

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


ありがとう20周年!徳間書店の子どもの本

出版社からの紹介

あるげつようびのあさ おうさまと、じょおうさまと、おうじさまが、ぼくをたずねてきた。でもぼくはるすだった…ニューヨークに住む男の子の毎日の出来事や心の望みと、空想の世界とを鮮やかに描いた忘れがたい絵本。アメリカで1960年代から愛されてきた古典を詩人谷川俊太郎の訳で贈ります。

ベストレビュー

絵本らしい作品

作者のユリ・シュルヴィッツ は、1935年ポーランド ワルシャワ生まれ。
1959年アメリカに渡り創作活動を始めます。
1969年に「空とぶ船と世界1のバカ」でコルデコット賞、1980年の「たからもの」、1999年の「ゆき」、2009年の「おとうさんのちず」で、コルデコット賞オナー賞を受賞しています。
初版は1967年で、邦訳は1994年の作品。
原題は、One Monday Morning。

物語は、ぼくが窓越しに雨の降る外を眺めるシーンから始まります。
そんな雨降る月曜日の朝、王様と女王様と王子様が、ぼくを訪ねてくるのです。
でも、ぼくは不在。
王子様言います。
「そんなら火曜日に来よう」

火曜日には、三人に騎士も加わってぼくを訪ねてくるのですが不在。
この繰り返しが、日曜日まで続くのです。
毎日、お供が増えていくのですが、リズミカルな文章と相まって、なかなか楽しい展開です。
谷川俊太郎さんの訳も絶妙です。
何と言っても登場するキャラクターが幻想的。
最後に、何のキャラクターかが分かるのですが、誰しも納得することでしょう。

ぼくの空想の世界を見事に描ききった作品で、おそらく時間的には数時間の夢物語といったところ。
何とも言えない余韻が楽しめるオススメの作品です。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ユリ・シュルヴィッツさんのその他の作品

ゆうぐれ / おとうさんのちず / ねむい ねむい おはなし / たからもの / ぼくとくまさん / ゆき

谷川 俊太郎さんのその他の作品

ガンピーさんのサイ / まるのおうさま / あるくくま / アラマせんせいとげんごろう ことばあそびのたび / 講談社文庫 100万分の1回のねこ / あしながおじさん



『チリとチリリ あめのひのおはなし』<br>どいかやさんインタビュー

あるげつようびのあさ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット