話題
ウイルスにマケマ戦隊 ゲンキーズ

ウイルスにマケマ戦隊 ゲンキーズ(フレーベル館)

マケマ戦隊ゲンキーズと一緒にウイルスをやっつけよう!

  • 学べる
  • 役立つ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
おばけさんとのやくそく

おばけさんとのやくそく

作: 上田 真而子
絵: 梶山 俊夫
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おばけさんとのやくそく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年03月
ISBN: 9784834005943

読んであげるなら 5・6才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

「おばけさんとのやくそく」「お墓が百も千も万も」「みんなでばんごはん」「雪にのって」という春夏秋冬の4つのお話です。日本の原風景ともいえる古き良き時代の暮らしぶりが、やさしい筆致で描かれています。

ベストレビュー

日本の原風景?

『あのころはフリードリヒがいた』『氷の上のポーツマン』のような翻訳や『まほうつかいのでし』のようなゲーテの再話で知っているドイツ文学者の上田真而子さんからは異質な、そしてオリジナル作品です。
トイレにお化けがいるという言い伝え、お墓参りの時の薄ら怖さなど、自分にとっても少し昔の、昭和初期の日本ともいえるお話が4編。
少し古すぎて、子どもにわからせるにも難しいような世界ですが、自分の親の世代の日本風景として妙な懐かしさを感じました。
上田さんの経歴からは浮かびあがってこないのですが、上田さん自身の子ども時代の原風景がそこにあるのでしょうか。
妙に心に残る作品集です。
『いつもだれかが…』という上田さんの翻訳絵本では、おじいさんが自分自身のことを語っていますが、どこか近いものを感じました。
『おばけさんとのやくそく』が『いつもだれかが…』の後に出されているのも、意味があることでしょうか。
翻訳を中心に、どちらかといえばヨーロッパ圏に自分の表現の場をおいている上田さんですが、そう考えるととても意味深く、味深いお話です。
梶山俊夫さんの絵が見事に、それを支えています。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


上田 真而子さんのその他の作品

熊とにんげん / 福音館文庫 黒いお姫さま / ジム・ボタンと13人の海賊 / ジム・ボタンの機関車大旅行 / 岩波少年文庫 バンビ / 氷の上のボーツマン

梶山 俊夫さんのその他の作品

かえるのごほうび 絵巻「鳥獣人物戯画」より / わらしべちょうじゃ / こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / 千本松原 / さるとびっき / きつねとかわうそ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > おばけさんとのやくそく

1月の新刊&オススメ絵本情報

おばけさんとのやくそく

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット