もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ふるやのもり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふるやのもり

作: 瀬田 貞二
絵: 田島 征三
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ふるやのもり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1969年04月
ISBN: 9784834001945

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

猿の顔が赤いのは、おおかみと泥棒が雨漏りを怖がったからだ、というとてつもなく愉快な昔話。見事な再話と色を抑えた骨太の絵からなる、第一級の昔話絵本です。


ふるやのもり

この人もおすすめしています

【田中パパ】
「なによりもいちばんコワイものはなんじゃ?」おじいさんとおばあさんの会話が、家にひそんだ泥棒と狼を震え上がらせる。皆が恐れる「ふるやのもり」とは一体何なのか、どんな怪物なのか。真っ暗な山の中で勘違いの暴走が始まる。
最初と最後のつじつまがなんだか合ってない?そんなこと、この大らかな絵本ではどうでもいいよ。リズム感溢れる文、力強いベタベタの絵。パパが読むのに最適の一冊。

ベストレビュー

さて、その正体は・・・?

おおかみより恐いと言われる「ふるやのもり」をこわがる泥棒と、泥棒より恐いと言われる「ふるやのもり」をこわがるおおかみ。さて「ふるやのもり」の正体は?猿の顔は何故赤くなったか、の由来話です。楽しいお話と、豪快な田島征三さんの絵に、子どもたちはきっと夢中になることでしょう。梅雨のシーズンなど、雨の降る時期によく読んでいますが、この頃雨漏りする家は少なくて、子どもたちは「雨漏り」を実感できないかもしれませんね。
(絵本のとびらさん -・絵本紹介サイト )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


瀬田 貞二さんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / おなかのかわ / さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ / ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / まのいいりょうし

田島 征三さんのその他の作品

わたしの森に / ぼく、おたまじゃくし? / 紙芝居 しっぺいたろう / あめが ふるふる / もりモリさまの森 / オオカミのはつこい



「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

ふるやのもり

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.37

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット