まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ぐりとぐらとすみれちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぐりとぐらとすみれちゃん

  • 絵本
作: なかがわ りえこ
絵: やまわき ゆりこ
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぐりとぐらとすみれちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2003年10月
ISBN: 9784834006339

読んであげるなら 3才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


大賞決定!豪華サイン本は誰の手に!

出版社からの紹介

 野ねずみのぐりとぐらのところに、すみれちゃんが大きなリュックをしょってやってきました。リュックの中から出てきたのは、とびきり大きくて、とっても固いかぼちゃ。ぐりとぐらは、こんなおおきなかぼちゃをどうやって切ったらいいかわかりません。そこで、すみれちゃんがお母さん秘伝のダイナミックな方法で、みごとに割ってくれました。さあ、かぼちゃのお料理のはじまりです。「お料理すること、食べること」が大好きなぐりとぐらに、森の動物たちも加わって、かぼちゃのごちそうがたくさんできました。みんな、おいしくておいしくて、おなかいっぱい食べました!

ぐりとぐらとすみれちゃん

ベストレビュー

せかいで1番大きなパンプキンパイ

 わたしは、小さいころから、本が大すきで、「ぐりとぐら」の本も全部暗しょうして
しまいました。どの本にも思い出がいっぱいあります。

 わたしが1番すきなのは、「ぐりとぐらとすみれちゃん」。
ぐりとぐらは、朝からやさいをたくさん食べているんだね。わたしも、やさいが大すき。
でも、わたしなら、にんじんのオムレツじゃなく、にんじんケーキにしようかな?

 わたしも、ラディッシュやバジルやレタスを育てています。
朝起きるとすぐ、大きくなったかな?と見に行きます。
わたしも、りっぱなおひゃくしょう。

 わたしは、とってもくいしんぼう。だから、まずお料理に目をつけます。
ぐりとぐらたちが作ったお料理は、どれもおいしそう。
どれから食べようかな?と、いつも絵本を見ながらまよっちゃいます。

 わたしもいつか作ってみたいな、すみれかぼちゃみたいなまん丸かぼちゃで、
せかい一大きなパンプキンパイを。
 そしたら、森の動物たちもぞくぞくと集まってきて、みんなでいっしょに食べるの。
こおろぎのかなでる音楽の中で。

 ぐりとぐらの歌も大すき。おぼえやすくて、おもしろいから。
わたしもお料理するときに歌っています。
ぐりとぐらが、このよで1番すきなのは、お料理すること、食べることなんて、
とってもすてきなことだと思います。
ぐりとぐらのおいしそうなお料理や、みんなのうれしそうな顔を見ていると、
わたしも、気持ちがほっかほかになります。
(天使のケーキちゃんさん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なかがわ りえこさんのその他の作品

【ミニトートバッグ付き50周年限定セット】 ぐりとぐらといっしょにおでかけ絵本 / おかし / おかし / ぐりとぐらの おまじない / ぐりとぐらの しりとりうたとおまじないセット / ぐりとぐらの しりとりうた

やまわき ゆりこさんのその他の作品

サムとぶらぶら またまたおめでたこぶた / おめでたこぶた その3 サムのおしごと / おめでたこぶた その2 サム、風をつかまえる / わたしの読書ノート / おめでたこぶた その1 四ひきのこぶたとアナグマのお話 / あかいぼうし



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

ぐりとぐらとすみれちゃん

みんなの声(152人)

絵本の評価(4.69

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット