宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
いいきもち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いいきもち

  • 絵本
作: ひぐちみちこ
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いいきもち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年03月
ISBN: 9784772101707

2歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

子どもは、お母さんに抱っこされるのが大好き。だからお母さんはみんな、つい頑張っちゃうんですよね。「でもほら、気がついて!お母さんだって、おひさまに、自然に、抱かれているんですよ!」『かみさまからのおくりもの』の作者ひぐちみちこさんが、そんなメッセージをこの1冊の絵本に託しました。
地面に落ちた一粒の種は、土に抱かれて、いいきもち。花は風に抱かれて、魚は水に、リスは緑の葉っぱに抱かれて、いいきもち。そして、赤ちゃんは…。みんなを見ているお日様がポカポカ暖かくて、読んでいると、大人も子どもも「いいきもち」になってきますよ。

ベストレビュー

いいきもちとは・・・?

表紙の可愛らしい絵に惹かれて読んだ一冊です。

この絵本を読みながら“いいきもちって何だろう?”と考えてしまいました。

絵本にも出てくるように、
「はなは かぜに だかれて いいきもち。」
「さかなは みずに だかれて いいきもち。」等と、
以外にも身近に良い気持ちがあるんだなぁと思いました。

そして、植物でも動物でも、みんな何かに抱かれているということが良い気持ちなのかもしれませんね。
良い気持ち=幸せなことのように思います。

色画用紙とクレヨンで構成されていることで、とても温かみを感じました。
なんだか読んでいて、温かい気持ちになれる一冊です。
(さくらんぼ♪さん 20代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ひぐちみちこさんのその他の作品

あのほん / ひぐちみちこの手づくり絵本講座 テキスト版 / 子どもの翼を信じて −巣立ちの日のために大切なこと− / おりがみ いちまい / 子どもからの贈り物 “お母さん”であることを楽しむために / クリスマスおめでとう



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

いいきもち

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 30人

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット