宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
雲じゃらしの時間
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

雲じゃらしの時間

作: マロリー・ブラックマン
絵: 平澤 朋子
訳: 千葉 茂樹
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「雲じゃらしの時間」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784751524473

A5判 /28頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「詩を書こう」って先生が言ったんだ。ぼくは、いじめられても堂々と立っていたデービーのことを書くことにした・・・。「詩」を通して自分を見つめ直す少年の姿を描いた意欲作。

ベストレビュー

自己を見つめる

詩を書いてみようとマッキー先生に言われたぼく。

デービーのことを書いてみようと思います。

詩を書く、ある意味作文を書くよりももっと難しいかもしれません。

自分の気持ちのより深いところを探り、書いたこととは?

自分の中の辛かったことを見つめ直すのは、次に進むためなのかもしれないと思いました。

失敗や取り返しのできない過ちは誰しもすることで、そこから何を見つめ何を気付きとしていくのか、それがまた大切で。

おし隠していた気持ちが表面にでてきたことでぼくの気持ちも明るくなってきた感じがしました。

読み終わった後に清々しさがありました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マロリー・ブラックマンさんのその他の作品

ハッカー / うそつき

平澤 朋子さんのその他の作品

しずかな魔女 / モノ・ジョーンズとからくり本屋 / クルルちゃんとコロロちゃん / もうどう犬べぇべ / スウェーデン・サーメのむかしばなし 巨人の花よめ  / 唐木田さんち物語

千葉 茂樹さんのその他の作品

つき ちきゅうの いちばんの ともだち / たいよう 1,000おくに ひとつの たいせつな ほし / 歯のえほん / ソロモンの白いキツネ / スタンリーとちいさな火星人 / 泥 Fuzzy Mud



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

雲じゃらしの時間

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット