たこやきようちえん たのしいえんそく たこやきようちえん たのしいえんそく
作: さいとう しのぶ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
たこやきようちえんの遠足は動物園! たこやき6人は、元気に出発しますが・・・。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
おじいちゃんのアコーディオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おじいちゃんのアコーディオン

  • 絵本
作・絵: おぼ まこと
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おじいちゃんのアコーディオン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<品切れ重版未定>

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アコーディオンの演奏で、動物たちの心を慰めていたおじいちゃんが、ある日、突然姿を消しました。
ヤギは、優しかったおじいちゃんへの想いをこめ、そのアコーディオンを奏でます。「早く、元気で帰ってきてね……」。

ベストレビュー

しんみりするけど、悲しくはないな

アコーディオンを弾くおじいちゃんの姿が表紙にあります。とっても楽しそうに弾いてるその姿が、自分の祖父を思い出させる感じがして、なつかしく思いました。
アコーディオンの音色って、郷愁を感じますよね。それに、とっても温かい。おじいちゃんのところに集まってくる動物達といっしょに自分も加わって、いっしょに聴いてみたいような気になりました。
おじいちゃんはいなくなってしまうんだけど、「死」だったり、「天国に行った」なんて言葉は使われていません。みんながおじいちゃんを待ってる気持ちが伝わって、しんみりしたと同時に、おじいちゃんは愛されているなあというほんわかした気持ちで胸がいっぱいになりました。
(けいご!さん 30代・ママ 女の子10歳、男の子7歳)

出版社おすすめ


おぼ まことさんのその他の作品

全集 古田足日子どもの本 限定復刻(2) 古田足日子どもの本 / カワと7にんのむすこたち クルドのおはなし / もりのふくろう / はなのはなうた / ようこそおばけ☆パーティーへ / 命をつなぐ250キロメートル ―抱きしめてBIWAKO



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

おじいちゃんのアコーディオン

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット