宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
パーシーと気むずかし屋のカウボーイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パーシーと気むずかし屋のカウボーイ

作: ウルフ・スタルク
絵: はた こうしろう
訳: 菱木 晃子
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784338246033

19×14cm/287ページ

出版社からの紹介

夏休みに島のおじいちゃん家で過ごすウルフ一家。おじいちゃんは子どもが嫌いで怒ってばかりだけど、島にはたくさんの友だち、そして大好きなピーアがいる。ところが、いたずらなパーシを島に招待することに…。

ベストレビュー

さらに過激な少年物語 

パーシーシリーズの3作目。
ウルフもパーシーもさらに成長して、思春期突入です。
血の兄弟の契りを結んだウルフとパーシーの夏休み。
おじいさんの住む田舎に家族で出かけたウルフに、招かれざる客(?)のパーシーが加わって、青春コメディが繰り広げられます。
頑固なおじいちゃんと、パーシーとのやりとり。
ウルフのあこがれるピーアとの恋物語。
スピード感のある展開がとても楽しいお話です。
(少年たちの喫煙シーンが当たり前にしてあるので、親からするとちょっと心配な部分もありますが、スウェーデン社会のことということで少し割り引いて楽しんで下さい)。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

ウルフ・スタルクさんのその他の作品

トゥルビンとメルクリンの不思議な旅 / パーシーの魔法の運動ぐつ / パーシーとアラビアの王子さま / ミラクル・ボーイ / ぼくはジャガーだ / 聖ヨーランの伝説

はた こうしろうさんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / ゆき / いっすんぼうし / どしゃぶり / えほん遠野物語 でんでらの / にちようびのぼうけん!

菱木 晃子さんのその他の作品

ピッピ南の島へ / ピッピ 船にのる / 長くつ下のピッピ / チャルーネ / スウェーデン・サーメのむかしばなし 巨人の花よめ  / のんびり村は大さわぎ!



>絵本エイド ―こころにひかりを―

パーシーと気むずかし屋のカウボーイ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット