すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 へようこそ♪
イソポカムイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

イソポカムイ

  • 絵本
作: 藤村久和
絵: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「イソポカムイ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784904716113

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

カムイユーカラシリーズ第4弾!!
たのしく暮らしていた、年老いたウサギの神が若い頃を思い出し、久しぶりに大自然のなかをとびまわってみると、
思いもかけない出来事に次々と出会う。そして家に帰りたくなったウサギが家の近くにくると・・・。

イソポカムイ

ベストレビュー

うさぎの神さまは常に走り回っています。

四宅ヤエさんの語りを、アイヌ昔話を藤村和久さんが文章にした≪神々の物語≫シリーズです。
すごいです!アイヌの世界では、うさぎまでも神さまになっていました!
アイヌのうさぎの神さまは「病気(特に風邪)に強い」という言い伝えがあるそうです。

『ホーリムリム ホーリムリム』という呼びかけ声からこのお話は始まります。これはうさぎの神さまが走っているときの風の音でしょうか?
いかにも「走っている」感じがして素敵な響きです。

このうさぎの神さまは歳をとって、目も悪く非力そうに見えるのに、他のシリーズの神さまに比べると、常に周囲のために走り回って「何かをしよう」としてくれる心優しい神さまでした。

それほど長いお話ではないし、ハマるとアイヌの世界が身近に思えてとても楽しいお話です。
ぜひいろいろなお子さんたちに読んでもらいたいです。
ただ、アイヌという地域への理解と哲学的な解釈を必要とするストーリ^-の流れなどもあるので、
お薦めは小学校高学年以上のお子さんかな〜。
聞いてアイヌの言葉の音を楽しむだけなら小学校中学年くらいからでも楽しいかも!
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


藤村久和さんのその他の作品

カムイ・ユ−カラ(全5巻) 神々の物語 / エタシペカムイ / チピヤクカムイ / ケマコシネカムイ / カムイチカプ / 英日絵本 チピヤクカムイ/鮫どんとキジムナー Chippiyak Kamui / Samedon and the Kijimner

手島 圭三郎さんのその他の作品

きたきつねとしろふくろう たすけあう / はまなすのおかのきたきつね  /  しまふくろうとふゆのつき  / えぞふくろう ふぶきをのりこえる  / くまげらのもり / ひぐまのあき



40年以上ご家庭で読まれ続けているクリスマス絵本

イソポカムイ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 1
  • 12歳〜 0
  • 大人 5



全ページためしよみ
年齢別絵本セット