もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
パナマってすてきだな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パナマってすてきだな

作・絵: ヤーノシュ
訳: 矢川 澄子
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥880 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

新たな幸せを見つける話

息子ともどもヤーノシュさんのファンです。以前読んだ『とらくんへのてがみ』とは訳者も出版社も異なりますが、同じシリーズのようです。

仲良しの二人、ちびくまとちびとらが楽園パナマを目指す旅がテーマです。目的地が分かっていないので、まず自分たちで道しるべを作り(笑)、道中出会うあてにならない人々に道を尋ねながら進みます。ちょっとだらしないちびとらがいい味を出しています。

読み始めてすぐに、大人の私は、きっと自宅に戻ってきてしまうと気付き、それでは面白くないなと感じていたのですが・・・。

実際に彼らは自宅に戻ってくるのですが、私の予想とは異なりました。戻ってきた場所は留守中に少し変化していて、彼らは自宅だと気付かずに目的地に到達したと信じるのです。そして旅の間に自宅を素敵な場所にするアイテム(ソファー)を見つけ、またたくさんの友達もできており、彼ら自身も少し変化(成長というべきかは怪しいですが)しています。元いた場所が一番良かったという『青い鳥』のような展開は嫌だなと思っていたのですが、彼らが、もともとあった幸せに気付いたのではなく、新たな幸せを見つけたとわかり、ますますヤーノシュさんのファンになりました。

息子もかなり長い話であるにも関わらず、繰り返し読んでくれとせがみます。よく理解しているという風ではありませんが、二人が好きなようで、満足気に聞いています。

『夢みるパナマ』という題名で、別の訳者、出版社によっても出版されているようですね。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子2歳)

出版社おすすめ


ヤーノシュさんのその他の作品

それゆけ、フェルディナント号 / ぼくがおうちでまっていたのに / ぼくがげんきにしてあげる / とらくんへのてがみ / ゆきだるまのおきゃくさま / ぼくは おおきな くまなんだ

矢川 澄子さんのその他の作品

タイコたたきの夢 / 岩波少年文庫 魔法の学校 −エンデのメルヒェン集 / グリム童話 いばらひめ 新版 / グリム童話 おどる12人のおひめさま 新版 / 名作を1冊で楽しむ ギリシア神話 / 12月くんの友だちめぐり


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > パナマってすてきだな

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

パナマってすてきだな

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット