宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ゆきぐにのこじか
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆきぐにのこじか

作: 大石 真
絵: 鈴木 義治
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥699 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ゆきぐにのこじか」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

雪山に住む少女と子ジカのお話。

 4歳と9歳の子に読みました。二人とも静かによく聞いていました。
 絵がとても懐かしく感じて、図書館で借りてきました。
 町からはなれた山に住んでいる少女よしこは、友達がいなくていつも寂しい思いをしていました。ある日、けがをした子ジカを世話することになり、よしこは友達ができたと、とても喜びます。ずっと一緒にいたいという思いを我慢して、ケガの治った子ジカを、迎えにきたお母さんジカのもとに返してあげました。その後、シカの親子はよしこに恩返しをします。
 かまくらまつり等、雪国の生活に子供たちは興味を示しているようでした。9歳の子は後半のストーリーが「予想通りだったけど、おもしろかった」と言っていました。
 この後どうなったのかなぁ、とちょっと気になる終わり方で、印象に残るのではないかと思います。
 本には4・5歳〜小学低学年向きと書いてあります。右側のページに絵が、左ページに3〜5ほどの文があり漢字は使われていないので、小学1年生なら一人でも読めます。
 冬におすすめしたい絵本です。
(ちいニャさん 30代・ママ 女の子9歳、男の子4歳)

出版社おすすめ


大石 真さんのその他の作品

ふしぎなひこうき / 名作よんでよんで おやすみ前のお話366話 4冊入り / はじめてよむ童話集 5 すこしかなしい話 / 名作よんでよんで グリムどうわ15話 / うらしまたろう / イソップどうわ 25話

鈴木 義治さんのその他の作品

家族 / みつばちぶんぶん / きょうのおはなしなあに 春 / きょうのおはなしなあに 夏 / きょうのおはなしなあに 秋 / 雨のにおい星の声



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

ゆきぐにのこじか

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット