宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
慣用句カ−ド 1集
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

慣用句カ−ド 1集

著: 小森茂
出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • 無料ラッピングキャンペーン実施中!!

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年10月
ISBN: 9784774312781

カード本体 縦18.2cm×横12.0cm / B6変型判、47枚

ベストレビュー

体の一部を使った慣用句に触れる

体の一部を使った慣用表現がカードになっています。
「耳にする」、「耳が早い」、「耳をうたがう」など同じ耳を使った
慣用句だけでも色々あったり、子どもに慣用句にも触れてもらおうと思いましたが、同時に大人も知識の整理ができ勉強になります。
慣用句をイメージするイラストと慣用句の出だしが書かれているので
このカードを使って平仮名や漢字に触れることが出来、
慣用表現の習得だけでなく、文字の記憶の定着に役立つと思います。
(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小森茂さんのその他の作品

慣用句カ−ド 2集



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

慣用句カ−ド 1集

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット