話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

たれ耳おおかみのジョン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たれ耳おおかみのジョン

  • 絵本
作: きむら ゆういち
絵: 高畠 那生
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年01月
ISBN: 9784072758892

A5 判 160 ページ

出版社からの紹介

累計発行部数1000万部を超える人気シリーズ絵本『あかちゃんのあそびえほん』でおなじみの絵本作家・きむらゆういちが、大ベストセラー『あらしのよるに』に続く長編を執筆!今度の主人公は一匹の雑種犬のジョン。飼い犬のジョンはそれまで何不自由なく暮らしていました。でもある日森で迷ってしまい、そこで野生のおおかみと出会いました。自由に生きるおおかみに惹かれ、自分もおおかみになろうと決心します。果たしてジョンはおおかみになれるのか? 森をさまよい、生きるために覚えた自然のルール、集団生活を送るおおかみたちに認めてもらうまでの葛藤など、ジョンを通して、人間が社会で生きるためのヒントが随所に散りばめられた、成長物語です。お母さんはもちろん、お父さんの読み聞かせにも最適な一冊です。

ベストレビュー

思ったよりも引き込まれました

国語の問題集に使われていた題材で、気になって手に取ってみました。

始めの方は、飼い犬のジョンがおおかみに憧れている、ただそれだけで、無謀な願望とも思われる流れ。
でも途中から、飼い犬だったが故の知恵と、おおかみになりたいと思って特訓していた時の経験が活きてきて、だんだんとおおかみらしい部分が出てきます。

おおかみのボスは冷酷さはあるようですが、懐が深い面もあり、さすがだなぁ・・・と感じ入ります。
そしてジョンが憧れる、ナンバー2のケンさんは、確かにカッコイイ。
ジョンがおおかみに憧れを持つのも頷けます。

途中まではそんなに先が気にならない流れなのですが、中盤からは先へ先へと読み進めたくなる、強い流れが出てきます。
そして「たれ耳」という気弱なワードからは想像もつかないラスト・・・

途中、『あらしの夜に』シリーズの話を髣髴とさせる部分も出てきますが、おおかみの集団が話の中核になっていますから、当然かもしれません。
読み進めるほどに引き込まれる、味のある作品でした。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きむら ゆういちさんのその他の作品

てあらいできるかな / わんわんバス / きりん りんりん / 花のすきなおおかみ / あそべるおもちゃ / どうぶつのおもちゃ

高畠 那生さんのその他の作品

紙芝居 ツノ対アゴ  / だれにもいわずにおきましょう / こんぺいとうはゆめみてた / ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう / ハリネズミ・チコ(5) パピヨン号でフランス運河を / マザーグースのうた


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > たれ耳おおかみのジョン

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

たれ耳おおかみのジョン

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット