ふゆのよるのおくりもの ふゆのよるのおくりもの
作・絵: 芭蕉みどり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
きょう、ティモシーとサラはもみの木をかって帰りました。きれいに飾りつけをして、クッキーを焼いて、さあ、これからおでかけです。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
あいうえおおきなだいふくだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あいうえおおきなだいふくだ

  • 絵本
作: たるいし まこ
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • 無料ラッピングキャンペーン実施中!!

作品情報

発行日: 2011年02月
ISBN: 9784834026207

小学校低学年から
32 頁・24×20cm

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

うさぎとだいふくをめぐる、愉快なあいうえお歌。
「あんこがいっぱいおおきなだいふく、いきなりどーんともりのなか、うさぎがみつけてよろこんで……」
「あ」からはじまって、「ん」まで、五十音順の文章でつづったのは、だいふくとうさぎをめぐる珍騒動です。
突如、森のなかにあらわれた大きなだいふくと、それを手に入れたい動物たちが、
ナンセンスなどたばたを繰り広げます。ひらがなは、1字だけでは意味をもちません。
でも、組み合わせると意味がうまれ、意味同士がむすびつくと文章になります。
連なりながら動きだした言葉は、できごとや風景をいきいきと写しとり、物語を語り始めます。
ことばの広がりを楽しみながらあじわえる、この愉快な「あいうえお歌」は、
ひらがなをおぼえはじめた子どもたちにぴったりです。

あいうえおおきなだいふくだ

ベストレビュー

おおきな大福が食べたいです!

50音順の文章で綴り、ストーリーを作っているのが、いいなあと思いました。私としては、大福ばかりが気になってしまって「ああ〜食べたいなあ〜」とばかり考えてました(笑)大きな大福が食べたいです。「あいおえお」のお勉強にも、音読が出来るようになった子にもお薦めです!
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たるいし まこさんのその他の作品

ぱんだがころんで… / いまから ともだち / おたんじょうび、もらったの / ぼくのなかのほんとう / おかあさんのおべんとう / あなたこそたからもの



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

あいうえおおきなだいふくだ

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.2

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット