話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
森のみずなら

森のみずなら

  • 絵本
作・絵: 高森 登志夫
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「森のみずなら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2011年02月
ISBN: 9784834026283

小学校低学年から
32 頁・31×23cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

息をのむほどに美しい森の四季。春、木々は芽吹き、森は明るいみどりにつつまれます。
深い森を進んでゆくと、1本の大きなみずならの木があります。
夏、みずならは枝いっぱいに葉を広げ、森は万緑に満ちあふれています。
秋、みずならはたくさんのどんぐりを枝につけ、動物たちが木のまわりにやってきます。
動物たちは地面に落ちたどんぐりを食べたり、冬にそなえて巣に運んでいます。
冬、森は雪におおわれ静まりかえっています。森の一年は、こうしてすぎてゆきます。
長い年月がたったある春、大きなみずならの芽吹きにいきおいがありませんでした。
年老いたみずならは、朽ちはじめていたのです。ある日、とうとうみずならの木は……。
息をのむほどに美しい森の移り変わりの中で、生命をつないでゆく一本のみずならの物語を、
高森登志夫氏の筆は、まるで空気のにおいや、木々をゆらす風の音まで感じさせるように、
精緻にしかも叙情豊かに描いています。

森のみずなら

ベストレビュー

地味な話なのに引き込まれる!

大きなみずならの木の一生の話です。
絵本全体に広がる森の絵は、繊細に描かれ読む物を森の世界に引き込んでくれます。
寿命を迎え朽ち果てる木。そしてまた若く新しいみずならの木が生まれれ来る。
短く無駄のない文章がよりこの絵本を楽しませてくれます。
長い年月をかけた木の一生を体験できます。
いい絵本です。
(えがだいさん 40代・パパ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高森 登志夫さんのその他の作品

ちいさな き / 吸血鬼の花よめ ブルガリアの昔話 / たべられる きのみ / こならぼうやのぼうし / 吸血鬼の花よめ / たねのずかん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > 森のみずなら

「絵本 チコちゃんに叱られる」シリーズ チコちゃんの「エピソード:ゼロ」のおはなし

森のみずなら

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット