宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ジャムつきパンとフランシス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ジャムつきパンとフランシス

  • 絵本
作: ラッセル・ホーバン
絵: リリアン・ホーバン
訳: 松岡 享子
出版社: 好学社 好学社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ジャムつきパンとフランシス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1971年
ISBN: 9784769021056

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

  フランシスの食事といったら、三食決まってジャムつきパン。誰の言葉も聞き入れません。しかしある夜、泣きながら小さな声で言いました。「本当は・・・

ジャムつきパンとフランシス

ベストレビュー

「おいで!絵本の国」で紹介

名古屋の方にメ〜テレというテレビ局があります。その番組で紹介された本です。「おやすみなさい フランシス」は以前読んだことあるので、どんなお話なのとっても楽しみで息子と一緒に図書館に走りました。
もう笑えちゃいました。
フランシスはジャム付きパンが大好きで、いつもいつもそれはがり食べています。お母さんが色々なものを作ってくれているのに、それでもジャム付きパンだけにしか興味を示さなかった。
ここで素晴らしかったのが、フランシスのお母さん。
毎食そしておやつも、これでもかって言う位、ジャム付きパンを与えちゃったんです。凄いな私なら、こんなこと出来ないなと思いつつ、読みました。
結局、お母さんの勝ち、フランシスはジャム付きパンに飽きてしまいました。育児もこんな風にゆとり?もって出来たら、いいのかな?なんて、思いながら読みました。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ラッセル・ホーバンさんのその他の作品

新装版 フランシスのいえで / フランシスとたんじょうび / 池のほとりのなかまたち / むしゃくしゃかぞく / わにのアーサーおよばれにいく / あこがれの星をめざして

リリアン・ホーバンさんのその他の作品

ねずみのオスカーとはるのおくりもの / ソフィーとガッシー いつもいっしょに / ソフィーとガッシー / こんにちは、バネッサ / アーサーといもうと / ハービーのかくれが

松岡 享子さんのその他の作品

ワンダ・ガアグ グリムのゆかいなおはなし / ワンダ・ガアグの「グリムのむかしばなし」について / おぼえること(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ3) / 選ぶこと(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ2) / グリムのむかしばなし2 / お話とは(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ 1)



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

ジャムつきパンとフランシス

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット