宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
お正月さんありがとう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

お正月さんありがとう

  • 絵本
著: 内田 麟太郎 山本 孝
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年12月
ISBN: 9784265070435

5才 〜 小学校低学年向け

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おじいちゃんが「来年もレンゲ畑にいこう」と、あやちゃんに言った。すると部屋のどこかから、笑い声が聞こえてきた。いったい誰が笑っているの…。内田麟太郎&山本孝がおくる行事絵本シリーズ。

ベストレビュー

年越を体感

小学生のあやちゃんが、おじいちゃんとの生活で感じた年越しの様子を描いてあります。
おじいちゃんは病気でベッド生活ですが、とても物知りなんですね。
「来年のことを言うと鬼が笑う」ということわざ、確かに、イメージはこういうものですね。
もう一つは、「お正月さんがやってきた」という感覚。
これは私も初耳です。
でも、鬼が笑うと一緒に考えると、何となくわかりますね。
ラストは、なるほど、オチですね。
うーん、奥が深い。
(レイラさん 50代・ママ 男の子22歳、男の子20歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

内田 麟太郎さんのその他の作品

たたたん たたたん / とりづくし / とろ とっと  / 大どろぼう ジャム・パン かげのない町 / 紙芝居 しくしくブタはわらうかな / とびますよ

山本 孝さんのその他の作品

じめんのしたにはなにがある / にんじゃ つばめ丸 はつにんむの巻 / アカンやん、ヤカンまん / しんかい たんけん! マリンスノー / アブナイおふろやさん / おばけのきもだめし



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

お正月さんありがとう

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット