宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
かさどろぼう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かさどろぼう

  • 絵本
作・絵: シビル・ウェッタシンハ
訳: いのくまようこ
出版社: ベネッセコーポレーション

本体価格: ¥1,097 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「かさどろぼう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • 無料ラッピングキャンペーン実施中!!

※現在お取り扱いがございません。

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784828812724

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

面白い本です!

たまたま、図書館の棚で私が偶然に見かけた本。
「かさ」なんて、梅雨の季節にぴったりのお話かな?って。
でも、5才の息子が普段、見慣れていない絵。
スリランカのお話みたいなので、アジアっぽい絵が、受け入れてくれるか、少し心配でした。

 しかし、読んでいくと、
「これは、面白いよ」
かさを知らない村で生活していた、キリ・ママと言うおじさんが、まちでかさを見かけます。
その頃、村の人たちは、葉っぱや袋がかさ代わり。
そんな話が、とっても新鮮だったのか、一生懸命息子は聞いていました。
かさどろぼうの犯人が、意外な人?だったので、思いっきり、2人で笑ってしまいました。

 何で、こんな面白い本なのに、「絵本ナビ」に掲載されていないの?ちょっと不思議でたまりませんでした。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シビル・ウェッタシンハさんのその他の作品

スリランカの昔話 ふしぎな銀の木 / ポッダとポッディ / わたしのなかの子ども / ポッダとポッディ / かさどろぼう / ねこのくにのおきゃくさま

いのくまようこさんのその他の作品

ジョゼフのにわ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

かさどろぼう

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット