なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ロンとククノチの木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ロンとククノチの木

著: 小原麻由美 ラウラ・スタニョ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ロンとククノチの木」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

子ザルのロンがすんでいたサル谷で、山火事がおきた。うぐいす谷へ逃げたお母さんとロンだが、お母さんは火傷を負って動けない。最後の力をふりしぼって、お父さんから預かった宝物の玉を胸に押し付けると…。

ベストレビュー

深読みしちゃう作品

小原さんの作品が気になり
「じいちゃんの森 森おやじは生きている」と一緒に
借りてきました

表紙の絵
こっちを見つめるおさるさんの
持っているのは何だろう?

「ククノチ」ってちょっと言いにくくて
覚えにくい・・・
どういう意味合いなんだろう

と、気になりながら読み始めると
山火事の緊迫する場面からなんです

ロンのおとうさんは、どうなっちゃったんだろう・・・

おかあさんの死に様はとても不思議です
伝えたいこと
生きていくうえでの気付き
見守ってもらっていること  等々

いろいろ考えさせられます

別な場所での
生き方
これもまた試練です

ひとりで乗り越えようとする時の心構え
なのかな・・・
自立、集団の中での自分の役割
希望
そして、自分が伝える番に・・・

と、深読みし過ぎかな(笑

小学生はこの作品から
どんなことを感じるのか
気になりました
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小原麻由美さんのその他の作品

ペンギンのまほうのコップ / ありがとうの道 / 図書室のふしぎな出会い / じいちゃんの森 森おやじは生きている / ごめんね!ダンスおばあちゃん

ラウラ・スタニョさんのその他の作品

ぱらぴたぽん



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

ロンとククノチの木

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット