話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラからぬすんだ物語

トラからぬすんだ物語(評論社)

2021年ニューベリー賞受賞作!

  • 盛り上がる
きりんは どこからくるの

きりんは どこからくるの

作・絵: 石川 重遠
出版社: 福音館書店
  • Line

作品情報

発行日: 1972年

5才〜6才向き
ページ数: 24 サイズ: 25X23cm かがくのとも 1972年7月号

出版社からの紹介

アフリカの草原で、動物狩りの人がきりんを1頭つかまえました。飼育場で人にすこしずつ慣れてきた頃、きりんは貨物列車に乗せられて港の町に着きました。貨物船に乗ったきりんが1ヶ月の航海の後に到着したのは・・・きりんが海を越えて旅をしてきたお話です。(かがくのとも40号)

ベストレビュー

世界の広さを感じる

「きりんはどこからくるの」というタイトルに惹かれて図書館で借りてきました。

きりんといえば「なぜ首が長いのか」とか「何を食べるのか」という疑問しか持たないのですが、「どこからくるのか」という少し哲学的(!?)な問いが面白いなと思いました。

この方の作品は構図がすばらしくて、広い海に小さな船、きりんから見た日本の港など、世界の広さを感じさせるような絵本になっています。
最後のページを開いて、ここが日本だよ、と教えてあげました。

たかこさん、という昭和な感じの名前にもほのぼのしました。
(ミキサー車さん 40代・ママ 男の子2歳)

出版社おすすめ


石川 重遠さんのその他の作品

のりものあれあれ絵本 / だれのぼーる / かくれんぼ


絵本ナビホーム > > きりんは どこからくるの

町のかわりものアーサーが神話のせかいで大かつやくする 冒険ファンタジー!!

きりんは どこからくるの

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット