こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
あそぼあそぼ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あそぼあそぼ

作・絵: 高畠純
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥850 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あそぼあそぼ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年04月
ISBN: 9784061322950

出版社からの紹介

子どもは大好き!擬音のみの愉快な絵本。
「ゲゲゲゲ」「ヒヒーン」「ワンワン」・・・。鳴き声を発して続々と動物たちが集まってきます。色鮮やかでリズミカル。ラストでは思わず笑みが浮かぶ心温まる作品。

ベストレビュー

とっても賑やかで楽しい絵本タイムに・・・

 高畠先生の親子で大ファンです。
 この作品が出た時には、息子はペラペラと捲って、ウフフフ。
 あ〜、もう少し息子が幼かったらなぁ〜、なんて思いました。

 最近親戚の女の子二人が遊びに来ました。
 1歳7ヶ月ともうすぐ4歳の姉妹。
 さ〜て、どんな反応かな〜?て、ワクワクしながら読みました。

 下の女の子は、動物の名前(といっても鳴き声で覚えているみたい)を連呼していました。
 そして、どんどん「あそぼ あそぼ」とおうちへ呼びかけに来る動物たちが増えていくのに興奮気味。
 お姉ちゃんは、「ヒッヒーンは、“おうまさん”言うのよ〜」って妹に解説。
 そして、「赤ちゃんと遊びたいのね〜」って最後の意味も理解してくれました。
  
 そして、「もう一回!」コール。
 今度は、姉妹に一緒に鳴き声をやってもらいました。
 とっても賑やかで楽しい絵本タイムになりました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

高畠 純さんのその他の作品

天保の虹 / モンスター・ホテルで オリンピック / ぼくは気の小さいサメ次郎といいます / どっちからよんでも -にわとりとわに- / 火星のカレー 宇宙人たちのひみつ / あるひ ありの アントニオくん



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

あそぼあそぼ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット