あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ろばのとしょかん コロンビアでほんとうにあったおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ろばのとしょかん コロンビアでほんとうにあったおはなし

  • 絵本
文・絵: ジャネット・ウィンター
訳: 福本 友美子
出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ろばのとしょかん コロンビアでほんとうにあったおはなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年03月
ISBN: 9784087814675

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

小さな2頭のろばに本をたくさん積んで、ルイスははるか遠くの村に向かう。子どもたちは、ろばのとしょかんが来るのを楽しみにしていて…。南アメリカのコロンビアに本当にある、ろばのとしょかんのお話。

ベストレビュー

“個人”の図書普及活動

  ジャネットウィンターさんの作品は、「バスラの図書館員」・「9月のバラ」「ワンガリの平和の木」「ニューヨークのタカ ベールメール」など好んで読んでいます。

 こちらの作品は、読後「図書館らくだがやってくる」を即思い出しました。
 ただし、こちらは“個人”の図書普及活動であることが異なります。

 コロンビアの北部の町ラ グロリアに住むルイス・ソリアノさんという実在の人物の活動が描かれています。
 本好きが高じ、書籍の置き場所に困るほどになった彼が決意したことは、本が一冊もないはるか遠い山の向こうの人たちへ届けようということでした。

 彼が、子どもたちを前に読み聞かせている光景は、なんとも微笑ましく似たような経験のある方は、口元がほころぶことでしょう。

 彼の活動は、今や大きくなり、2000年から2頭のろばに本を積み運び続けて、今や4800冊を超えたそうです。
 これらの本は、彼所有のものから寄付を募り集まったものまでになったようです。

 作者あとがきの中に出てくる“・・・、読書には、形を変えて大きくなっていく力があることをしっていました。”というソリアノさんについての解説の一文が印象に残っています。

 “ 世界の子どもたちが、等しく子ども時代にふさわしい本と出合えるように”と願う一人としてとても感動しました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

ジャネット・ウィンターさんのその他の作品

この計画はひみつです / マララとイクバル パキスタンのゆうかんな子どもたち / いつもみていた ゆめをかなえた女の子 ジェーン・グドール / ワンガリの平和の木 / ニューヨークのタカペールメール / ママ ほんとうにあったおはなし

福本 友美子さんのその他の作品

いっしょにおつかい / エミージーンのぼうし / おでかけ おでかけ / シリルとパット ともだちになろう / ちいさなエリオット たまにはとおくへ / 絵で見てわかる 単位とはかりかた



『ダム・キーパー』トンコハウス 堤大介さん インタビュー

ろばのとしょかん コロンビアでほんとうにあったおはなし

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット