ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
金をつむぐこびと ルンペルシュティルツヒェン 新装版
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

金をつむぐこびと ルンペルシュティルツヒェン 新装版

著: ヤーコプ・グリム ヴィルヘルム・グリム
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「金をつむぐこびと ルンペルシュティルツヒェン 新装版」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

城に閉じこめられ、王様からワラを金につむぐよう命じられた娘。困りはてて泣いている娘のもとにこびとがやってきて、娘の首飾りと引きかえに金につむいだ。王様は喜んで、娘にもっとつむがせようとするが…。

ベストレビュー

こんなお話だったっけな〜。

6歳の娘と読もうと思っていたのですが、
意外にも食い付いてきた11歳息子と読みました。

昔小さいときに読んだことがあるそうで、
ルンペルシュティルツヒンの絵本はたくさんあるので、
この絵本かどうかは忘れましたが、
絵の美しさとは裏腹にちょっとつっこみどころが満載でした。
こんなお話だったっけな。

まず、娘のお父さんの浅はかさにびっくり。
そして、王様がとっても翌深いのにびっくり。
そして、いくら王様とはいえ、そんな王様と結婚して
娘は幸せになれるのか?と言いたい展開でしたが、
こんなストーリーだったっけなー。

最後のルンペルの突然の消え方にもびっくり。
寝る前に読むとちょっと怖い気持ちさえします。
グリム童話って元々本当は怖いお話だとそういえば聞いたことがある。
童話 って割にはなんだかあまり夢のない展開ではありますが、
私たち親子の大好きな童話のうちのひとつです。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヤーコプ・グリムさんのその他の作品

シンデレラ / 完訳グリム童話集 5 / 初版グリム童話集(5) / 初版グリム童話集(1) / 初版グリム童話集(3) / 森のなかの三人の小人

ヴィルヘルム・グリムさんのその他の作品

ミリー 天使にであった女の子の話 / グリム童話集 / ラプンツェル



「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

金をつむぐこびと ルンペルシュティルツヒェン 新装版

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット