話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おひゃくしょうとえんまさま 中国民話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おひゃくしょうとえんまさま 中国民話

  • 絵本
著: 君島 久子 佐藤 忠良
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥800 +税

「おひゃくしょうとえんまさま 中国民話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年04月01日
ISBN: 9784834026443

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
20X27cm・28ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

昔、中国にえんま様のお祭りがありました。
欲張りのえんま様から、一番お供えの少なかったお百姓をこらしめるようにと命じられた手下の鬼たちは、
稲が実らないように頭が細く根が太くなる呪文をかけることにしました。ところがそれを知ったお百姓は、
稲を作るのをやめて里芋を植え、大豊作。えんま様に怒られた鬼たちは次々に別の呪文をかけますが……。
中国の昔話を佐藤忠良が描きます。

ベストレビュー

えんまさまのお祭り

中国民話です。最初開いたえんまさまのお祭りの絵に、心躍らせてしまいました(笑)絵がとても素敵なので、お祭りってやっぱりいいなあと思いました。欲張りな閻魔さまが、お供えの一番少なかったおひゃくしょうを懲らしめようとして、こおにが作物が実らない呪文をかけたにですが、それとは逆に作物を豊作にしてしまいます。同じお堂に住んでいるどうもりのじいさんというおひゃくしょうには親切なみかたがいたから成功したんだと思いました。冷静で前向きなおひゃくしょうさんには、人を信頼して信じる力が成功したんだと思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

君島 久子さんのその他の作品

あかりの花 中国苗族民話 / 岩波少年文庫 月からきたトウヤーヤ / こんや、妖怪がやってくるー中国のむかしばなしー / 犬になった王子 チベットの民話 / ながいかみのむすめ チャンファメイ / 21世紀版少年少女世界文学館(23) 西遊記

佐藤 忠良さんのその他の作品

偕成社文庫 小さな町の風景 /  / 紙芝居 平和のちかい / The Gigantic Turnip おおきなかぶ(英語版) / 大型絵本 おおきなかぶ / 小さな雪の町の物語 


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > おひゃくしょうとえんまさま 中国民話

【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

おひゃくしょうとえんまさま 中国民話

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット