男の子の育て方 「結婚力」「学力」「仕事力」。0〜12歳児の親が最低限しておくべきこと。

男の子の育て方 「結婚力」「学力」「仕事力」。0〜12歳児の親が最低限しておくべきこと。

著者: 諸富 祥彦
出版社: WAVE出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年12月
ISBN: 9784872904451

出版社からの紹介

最高に楽しくて、愛に満ちた子育て
「結婚できる」「就職できる」男に育てるには、乳幼児期+小学校時代の親の接し方がとても大切。
◎どんなに成績が良くても男子校はおすすめできない
◎「お手伝い」を必ずさせる
◎0〜6歳のラブラブ期が超重要
◎母親は家の中で見綺麗にすること
◎「ほめる子育て」から「とても喜ぶ子育て」へ

子育ての基本は、何と言ってもお母さん自身の「ラブ&ハッピー」。
お母さんが何があってもド―――ンと動じず、安定した穏やかな、しあわせに気持ちになって、お子さんに愛を伝えていくこと。
これ以上に、育児において大切なことは何もない!のです。

ベストレビュー

今を大切にしたいから

はじめての育児なので、子育ての本で気になるものがあると読んでいます。完璧な子育てはできませんが、参考になることがあればとヒントをもらっています。小学校にあがるまでのラブラブ期、母もやっぱり幸せです。いつかは離れてしまいますが、楽しく子育てしていきたいです。
(☆うさこ☆さん 30代・ママ 男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


諸富 祥彦さんのその他の作品

教師の悩み / ひとりっ子の育て方 「友だちづくり力」「自分づくり力」「立ち直り力」。0〜15歳児の親が最低限しておくべきこと。 / 女の子の育て方 「愛され力」+「自立力」=「幸福力」。0〜15歳児の親が必ずしておくべきこと。 / 子どもだって哲学シリーズ(4) 愛ってなんだろう


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 男の子の育て方 「結婚力」「学力」「仕事力」。0〜12歳児の親が最低限しておくべきこと。

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

男の子の育て方 「結婚力」「学力」「仕事力」。0〜12歳児の親が最低限しておくべきこと。

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット