ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
じょうろさん

じょうろさん

  • 絵本
作・絵: おおのやよい
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2011年05月
ISBN: 9784033322308

出版社からの紹介

穴があいて、庭のすみで忘れられてしまったじょうろさん。
ある日、みみずが、中にたまった葉っぱを食べていい?と言ってやってきました。

じょうろさん

ベストレビュー

みんな優しい

主人公のじょうろさんは、ある家でずっと働いてきました。
掃除の後の水まき、ぽちという犬の水遊び、それから植木鉢のお花に水やり。
そういう風に何年も何年も働いて、みんなに尽くしてきました。

でも、最近少しおかしいのです。
じょうろの底に穴が開いて、水を漏らすようになったのです。

それに気付いたお母さんは、新しいじょうろを買ってきて、じょうろさんが今までやってきたことを新しいじょうろにさせるようになりました。

それからのじょうろさんは、りんごの木の下におかれたまま。
木のはっぱがじょうろの中に次々と入ってきたけれど、そのまま放っておかれました。
そんなある日、ミミズがじょうろさんの中に入って過ごし始めました。

小さな出会いからの大きな幸福。
みんなに優しくしてきたじょうろさんは、やっぱり幸せになれたのです。


柔らかな文章と優しいイラストで、この絵本を読む人たちを穏やかな気持ちにしてくれます。
幼稚園や保育園に通うくらいのお子さんから小学校中学年くらいのお子さんに、喜ばれるのではないかと思います。
(めむたんさん 40代・ママ 男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

おおのやよいさんのその他の作品

にわのともだち



『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

じょうろさん

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット