宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ふふふんへへへんぽん!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふふふんへへへんぽん!

作・絵: モーリス・センダック
訳: じんぐう てるお
出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1987年
ISBN: 9784572002976

小学校中学年から
176×174mm・70p

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

むく犬ジェニーが、なにひとつ不自由のない暮らしにあきて、旅に出ます。
そしていろいろな人生経験を積んで、やがては舞台女優になります。
センダックが愛犬をモデルにしてつくったかわいい絵物語。

ベストレビュー

不思議な夢を見たような...

モーリス・センダックの絵本といえば不思議な印象とリズミカルな文章が印象的ですが、この本はかなり長く、また、マザーグースをもとにしたお話ということもあって摩訶不思議な世界がいっそう深くひろがる感じです。
大人から見てもイマイチ背景が見えてこない...という気はするのですが(英語圏の人が原文で読めばもっと違うんでしょうけど)、子供のほうが想像力があるからか、長いストーリーもなんのその、5日ほどにわたってすこしずつ読み聞かせたのですがものすごい集中力で聞いていました。わかりやすいストーリーばかりが子供の気持ちをつかむんじゃないんだなと改めて感じました。
(サラミさん 20代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


モーリス・センダックさんのその他の作品

プレストとゼスト リンボランドをいく / 父さんがかえる日まで / ちょうちょのために ドアをあけよう / とてもとてもサーカスなフロラ / わたしの兄の本  / そんなときどうする?

じんぐう てるおさんのその他の作品

わたしたちもジャックもガイもみんなホームレス / からすのカーさんへびたいじ / ジョニーのかぞえうた / ピェ−ルとライオン / チキンス−プ・ライスいり / アメリカワニです、こんにちは



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

ふふふんへへへんぽん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.75

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 1
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット