虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おべんともって
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おべんともって

  • 絵本
作: 森山 京
絵: 片山 健
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おべんともって」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

作品情報

発行日: 2004年09月
ISBN: 9784032321401

対象年齢:3・4歳から

出版社からの紹介

お父さんにお弁当を届けるクマの子が経験する小さな出来事。秋の紅葉に染まった林の中には、不思議な世界がありました。

ベストレビュー

秋、たっぷり!!

3歳児クラスでは、まだ少し、秋を伝えきる事が難しかったですが、4歳児クラスでは、かなり秋について話し合う事ができました。

なんといっても、秋らしさが満載です。

文章には表れていない秋も、絵の中に隠れていたりするので、お散歩やピクニックの前に読んであげて、そのあと、絵本と同じ秋を見つけることができれば、子ども達の頭の中に、スッと入っていくのではないでしょうか?

お仕事中のパパにお弁当を届けたり、パパとお弁当を食べたりします。
もちろんその場面はホッコリし素敵なのですが、最後のページをじっと開けていると、子どもが「あ!ほかにもコグマがいてる!」「あ!あかちゃんや!」「だから一人でパパに届けにいったんや」などと数々の発見をし、お兄ちゃんになったクマノコに自分を重ね合わせる姿が印象的でした。

かなり深い内容だと思います。
深すぎて、私も見落としがあるかもしれませんが、なかなか素敵な絵本です。
(みきけいさん 40代・せんせい 男の子15歳、男の子13歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森山 京さんのその他の作品

ポプラ世界名作童話(28) 幸福の王子 / 紙芝居 しましま / おばあちゃんのわすれもの / ハンカチさがし / ひっこしをしたかばのこカバオ / 大きくてもちっちゃい かばのこカバオ

片山 健さんのその他の作品

とんねるをぬけると / あったかいな / だーれもいない だーれもいない / きはなんにもいわないの / ぼくからみると / とくんとくん



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

おべんともって

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.48

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット