宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
旅の絵本1 中部ヨーロッパ編
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

旅の絵本1 中部ヨーロッパ編

  • 絵本
作・絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「旅の絵本1 中部ヨーロッパ編」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1977年04月
ISBN: 9784834005394

読んであげるなら・5・6才から
自分で読むなら・小学低学年から

7〜8歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

おはなし

旅の風景を描いた、字のない絵本です。
船で岸にたどり着いた旅人は、馬を買い、丘を越えて村から町へと向かいます。
ぶどうの収穫、引越し、学校、競走、水浴び・・・
近代ヨーロッパの町並みと日常の風景がこと細かに美しく描かれています。
よく見ると、みんながよく知っているおはなしの世界も登場しています。

出版社からの紹介

中部ヨーロッパの自然や街並みを背景に、克明繊細な筆使いで旅の楽しさを描きだした絵ばかりの絵本。世界各国の子どもたちが喜んでいる、心おどる絵本です。

ベストレビュー

祖母の夢。

僕はこの絵本を 祖母の100歳の誕生日にプレゼントしました。

そうしたら、祖母は・・

  「私は絵描きになりたかったんだよ」 と、

今まで一度も話してくれなかった若いころの夢を話してくれました。

  「こんな風にいろんな家や沢山の人は なかなか描けませんがな」

そういって目を細める祖母の言葉が、とても嬉しかったです。

素敵な絵本は、どんな人にも心を開くチャンスを与えてくれるのだと
思いました。

どうぞ大切な人と一緒に、絵本の中の風景を眺めてくださいね。
(MZさん 40代・パパ 男の子19歳、男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安野 光雅さんのその他の作品

赤毛のアン / 旅の絵本 9 スイス編 / かんがえる子ども / みんなでたのしむまよいみち / みんなでたのしむ もりのえほん / わたしの好きな子どものうた



ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

旅の絵本1 中部ヨーロッパ編

みんなの声(52人)

絵本の評価(4.81

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット