話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
クジラと海とぼく

クジラと海とぼく

  • 児童書
文: 水口 博也
絵: しろ
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「クジラと海とぼく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784752005230

小学校高学年〜
21×16cm・112ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ぼくの目とのぞきこんだクジラの視線があった時、この動物にたとえようのない親近感を感じた…。
少年の憧れだった海の世界は、やがて彼を海洋写真家へと導いた。海とクジラを追い続けた少年の物語。
クジラにあこがれ、海と育ってきた作者の姿をとおし、海のいきものや研究のおもしろさを紹介。

夢を思い続けることの大切さを伝えます。

ベストレビュー

クジラを追い求めるようになったきっかけ

水口さんの撮るクジラの生態の素晴らしさの原点は、水口さんの少年時代にありました、
子どもたちの様々な夢、人生、未来を考える上で、魅力ある職業人の手記はこのうえない参考書だと思います。
水口さんのこの本は、その中でも飛び抜けています。
クジラたちと仲間になれたことの裏のエピソードが、飾ることなく語られていました。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

水口 博也さんのその他の作品

世界で一番美しい野生ネコ図鑑 広大な草原・密林で躍動する / 2021年 ワイド判カレンダー 世界で一番美しいクジラ&イルカ カレンダー / 2021年 ワイド判カレンダー 世界で一番美しいシャチ カレンダー / 2021年 ワイド判カレンダー 世界で一番美しいペンギン カレンダー / ペンギンごよみ365日 愛くるしい姿に出会う癒やしの瞬間 / 2020年 ワイド判カレンダー 世界で一番美しいシャチ カレンダー


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 文学総記 > クジラと海とぼく

2月の新刊&オススメ絵本情報

クジラと海とぼく

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット