ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
メロウ −アイルランド民謡−

メロウ −アイルランド民謡−

  • 絵本
再話・絵: せな けいこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2011年05月14日
ISBN: 9784591124352

5歳〜
27cm x 19.5cm・39ページ

この作品が含まれるテーマ

▼ 絵本とあわせて、贈り物にも自分用にも♪
>>せなけいこ作品のグッズはこちら

出版社からの紹介

アイルランドに昔から伝わる人魚「メロウ」の物語を、
「めがねうさぎ」のせなけいこが独自の語り口と精巧な切り絵で描きます。

メロウ −アイルランド民謡−

メロウ −アイルランド民謡−

ベストレビュー

興味深い話でした

なかなか興味深い話でした。
と言うのも、前知識もなく読んでしまったので、“メロウ”とは、せなさんの貼り絵を見て、
アザラシかオットセイかと思っていましたが、アイルランドに伝わる人魚だそうです。

あまりの不思議さに調べてみたところ、男のメロウ(Merrow)は緑色の肌であること、
鼻が赤いこと、海中の中をもぐる三角帽子(コホリン・ドリュー:cohuleen driuth
という名前だそうです)が赤いのは全て伝承に忠実にされているのが分りました。

その帽子のおかげで、海の中を通り抜け、また海底に地上と同じように空気のあるところ
があるという世界観、そして、海でおぼれた漁師の魂が冷たい水の中で迷っていて、
それをメロウがエビ捕りで使うカゴの中に入れるという“魂の檻”の存在が、ちょっと
肌寒い感じが伴いますがとても興味深く、面白かったです。なんかとてもケルト色の
出ている伝承だなと感じました。

せなさんの絵本が貼り絵なのは有名ですが、特にこの話の中では、主人公の漁師の男
ジャック・ドガティーの魚の網や海の白波に、紙の素材を有効に使われているのが、
とても目を見張りました。(主人公はジャックではなくて、メロウかもしれません!)

また、ジャックが“魂の檻”を一度見てしまってからどうしても気になってしまい、
その魂を解放させてあげたいと思って、策に出て、そしてとうとう逃がしてあげる時に、
 「たましいは みえないんだなあ。でも どうか ぶじに てんごくに
  いかれますように」
と祈るところが、また宗教心やら人生観を感じることが出来て、これまた興味深かったです。

6歳の息子には、とても不思議な話として聞こえたみたいです。でも、それで、よいと
思っています。アイルランドの神秘さを垣間見る1冊でした。
結構、お薦めです。是非、読んでみてください。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


せな けいこさんのその他の作品

せなけいこのうさぎちゃんえほん / せなけいこ詩画集 ちいさな世界 / うさぎちゃん スキーへいく / 2022 せなけいこカレンダー / うさぎちゃん つきへいく / まーるい まーるい


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 民族・風習 > メロウ −アイルランド民謡−

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

メロウ −アイルランド民謡−

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット