季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
名作よんでよんで アンデルセンどうわ15話

名作よんでよんで アンデルセンどうわ15話

  • 絵本
  • 児童書
文: 大畑末吉・長谷川彰
絵: コダイラヒロミ・*すまいるママ*
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年04月
ISBN: 9784052033933

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

【この本のみどころ・おすすめ】

@ アンデルセンの名作を、コンパクトに、たっぷり15話も!
心にじーんとしみる物語が、感動はそのままに、読みやすくまとまっていて、すっとストーリーが頭に入ってきます。1冊15話も収録されているので、毎日ちがうお話を楽しめて、お得! かさばりがちな絵本棚の、省スペースにも貢献します。

A 大きくてかわいいさし絵に、子どもが集中。
幼児教育の現場で活躍中のイラストレーターたちの手による、誌面いっぱいのダイナミックなさし絵は、何度見返しても新たな発見があり、子どもを飽きさせません。1冊でいろいろなタッチのイラストを楽しめるのも、うれしいポイント。

B 全話解説つき!
幼稚園・小学校教諭を17年間勤めた経験を持つ監修者による、各話の解説が、ためになる!と大好評! お話の背景やテーマを頭に入れておくと、読み聞かせる声にも、より一層、心がこもります。


【読者の声】

お話の解説が、読み聞かせる前知識として、とてもありがたく助かりました。メッセージを頭に置くことにより、心して読み聞かせることができました。(3歳11か月・祖母)

読み聞かせにちょうどいいお話の長さで、絵もかわいらしく、子どもも大喜びです。(4歳5か月)

子どもが大好きで、毎晩読んでいます。次は『イソップどうわ』を買います。(3歳9か月)

娘が一生懸命、自分で読んでいます。(6歳3か月)

同じシリーズの、イソップ、グリム、アンデルセン、日本の昔ばなし、全部買いました!全75話なのに本4冊ですので、場所を取らなくて助かります。(3歳6か月)

名作よんでよんで アンデルセンどうわ15話

名作よんでよんで アンデルセンどうわ15話

ベストレビュー

シリーズで揃えたい

このシリーズはたくさん出ていますが、日本やアンデルセン、グリムなど種類ごとに分かれているのがいいですね。子どもに読み聞かせすることが多いので、幅広く選べるなと思います。きちんと読み聞かせたいときは1冊の絵本で読みますが、こういったお話集は様々なお話を知ってもらいたいときにはぴったりです。
(☆うさこ☆さん 30代・ママ 男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > 名作よんでよんで アンデルセンどうわ15話

今月の新刊&オススメ絵本情報

名作よんでよんで アンデルセンどうわ15話

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット