新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
ぼくたちのいちょうの木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくたちのいちょうの木

作: 清水道尾
絵: 福田 岩緒
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784494008902

幼児〜小学校低学年向

出版社からの紹介

しんやは幼稚園のいちょうの木が大好きです。ところが、その木が切られてしまうというのです。

ベストレビュー

いのちは繋がって

幼稚園の庭には、大きないちょうの木がありました。しんやたち年長のひまわり組の子供達は、この大いちょうの木が大好きでした。
ところが、子供達の大切ないちょうの木も、近隣に住む人々には、枯れ葉などで迷惑をかけていたのです。
そこで、園側は役所の要請で、大いちょうの木を切らなくてはならなくなりました。
子供達は円陣を組んでいちょうの木を守ろうとしましたが、結局いちょうの木は切られてしまいます。
そのことで落ち込んでいたしんやは、おばあちゃんから「いのちは親から子へ繋がっていくもんだ」と、聞いて気持ちを切り替えます。
とても切ないお話でした。
大人の世界、子供達の純粋な気持ち、とても上手に描けている作品だと思います。

(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


清水道尾さんのその他の作品

ありがとうシンちゃん / 紙芝居 ジュンペイのウンチ / りょうくん / えんのしたのみっちゃん

福田 岩緒さんのその他の作品

紙芝居 ながいきしてね 七五三 / マラソンじいさん / しゅくだいかけっこ / しゅくだいクロール / しゅくだいとびばこ / 釣りに行こう!


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ぼくたちのいちょうの木

【連載】9月の新刊&オススメ絵本

ぼくたちのいちょうの木

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット