話題
トリック オア トリート!

トリック オア トリート!(くもん出版)

おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!

  • かわいい
  • 盛り上がる
  • 全ページ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ボグ・チャイルド
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ボグ・チャイルド

作: シヴォーン・ダウド
絵: 塩田 雅紀
訳: 千葉 茂樹
出版社: ゴブリン書房 ゴブリン書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年01月
ISBN: 9784902257212

15歳から
480頁

1981年、北アイルランド。国境近くの村に暮らす高校生・ファーガスは、紛争が続くこの土地から離れて、イギリスの大学で医者になることをめざしてい た。ある日、こづかい稼ぎに泥炭の盗掘にでかけた湿地〈ボグ〉で、少女の遺体を発見する。泥炭の作用で生々しく保存された遺体には、絞殺の跡があった。一方、アイルランド独立をめざす兄・ジョーは、獄中でハンガー・ストライキを敢行。死へのカウント・ダウンがはじまる。故郷への思いと、自由への渇望と のあいだで揺れるファーガスは、兄の命をかけて、ある決断をする……。湿地の少女〈ボグ・チャイルド〉の死の真相とは? ファーガスは、その手に未来をつかめるのだろうか?
2009年カーネギー賞(英国)受賞の話題作、 待望の邦訳!

ベストレビュー

1981年のアイルランドが舞台

YAジャンルを読み始めてから世界の現代史についてもあまり知らないということに改めて気付きました。

この作品は、1981年。北アイルランド問題が起きています。

背景をあらかじめ頭に入れておいた方がかいいかもしれないとあとがきから読み始めました。

18歳の高校生ファーガスは、泥炭掘りに出かけた湿地で少女の遺体を見つけます。

いきなりのショッキングな出来事なのですが、遺体は直近のものではありません。

遺体の身元の探索、ファーガスの進路、IRAの一員の兄という大まかにいうとこの三つが重なりあったところで物語が進行していくという重厚な話です。

アイルランドの独立を目指して活動する兄と、イギリスの大学で医者になるという夢を持つファーガスの生き方は同じ兄弟でありながら、全く真逆。

複雑な状況の中、これからどう生きるのかということをファーガスを通じて深く考えさせられました。

この作者は、この作品を含めて数作を発表しただけということがとても残念でした。

あとがきの中で訳者の千葉さんが見つけたアイルランド関連の本も上げられているので、読書の楽しみも広がりそうです。

カーネギー賞受賞作品で、YAジャンルになる本ですが、一般向けとしても遜色ない作品だと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シヴォーン・ダウドさんのその他の作品

十三番目の子

塩田 雅紀さんのその他の作品

クリスマスの天使 / 大きな古時計

千葉 茂樹さんのその他の作品

いろがみえるのは どうして? / ちきゅう 45おく4,000まんねんの おもいで / 写真科学絵本 ひとすじの光 / リスタート / ベストマン / いっぽんのきのえだ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > ボグ・チャイルド

【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

ボグ・チャイルド

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット