話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
日本の妖怪大図鑑 (1)家の妖怪

日本の妖怪大図鑑 (1)家の妖怪

  • 絵本
監修: 常光 徹
絵: 広瀬 克也
出版社: ミネルヴァ書房

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥3,080

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2010年03月31日
ISBN: 9784623057115

AB・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

日本人の想像力がうみだした妖怪の世界。

妖怪をしれば、日本の文化がみえてくる!

ざしきわらし、ろくろくび、びんぼうがみなど家の周辺にいる怖い妖怪や面白い妖怪を紹介。大きく楽しいイラストで妖怪の出没地や危険度なども掲載し、子どもたちの好奇心を駆り立てる。巻頭は常光徹先生が担当する。

ベストレビュー

「狐の窓」をやってみました。

監修は「みたい!しりたい!じらべたい!学校の怪談絵図鑑」と同じく、常光徹さんです。
表紙には有名なざしきわらし・ろくろっくびほか、かいねで・そでひき小僧、・ちょくぼろん・ふぐるまようひが描かれています。
ちょくぼろん・ふぐるまようひは、もともとは道具だったものが長い年月を経て妖になった付喪神です。

このミネルヴァ書房が出している図鑑シリーズは、説明文(文字数)も簡潔でわかりやすく、イラストもたっぷりなので、小学生くらいのお子さんたちに手に取りやすく理解しやすい内容になっています。

巻頭には常光さんのコラム「想像力と妖怪の文か」が載っていて、大人が読んでも面白い内容でした。
中でも、妖怪の正体を見破るためのおまじない=「狐の窓」は昔から聞いたことがあったので、やってみましたが、この絵の通りに指を交差させるのはとても難しかったです。
もし私が実際妖怪に出会ったとして、「狐の窓」を瞬時にやろうとしたら、絶対指をつりますねー(笑)

中身は、いろんな妖怪が主に出やすい場所別にまとめてくれているので、見やすいです。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子22歳、女の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


常光 徹さんのその他の作品

怪談オウマガドキ学園 (29) 秋の闇夜の授業参観 / 怪談オウマガドキ学園(30) 異界ツアーで体験学習 / 怪談オウマガドキ学園 (29) 秋の闇夜の授業参観【図書館版】 / 怪談オウマガドキ学園(30) 異界ツアーで体験学習【図書館版】 / 怪談オウマガドキ学園(28) 飼育小屋のさけび声 / 怪談オウマガドキ学園 (28) 飼育小屋のさけび声【図書館版】

広瀬 克也さんのその他の作品

妖怪のど自慢 / えんまだいおうごいっこう / 十二支のどうぶつ ゴールをめざせ!! / ねこ おどる / にげろ! ケロケロ / きになる


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 民族・風習 > 日本の妖怪大図鑑 (1)家の妖怪

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

日本の妖怪大図鑑 (1)家の妖怪

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット