新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
発達と障害を考える本(6) ふしぎだね!?知的障害のおともだち

発達と障害を考える本(6) ふしぎだね!?知的障害のおともだち

監修: 原 仁
出版社: ミネルヴァ書房

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年02月15日
ISBN: 9784623048519

AB・56ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

知的障害のおともだちの文化を理解し、助け合い、協力する気持ちを育てる。

第10回(2008年度)学校図書館出版賞大賞 受賞

【ここがポイント!!】
◎ 障害を理解するための「最初の一歩」
◎ よくある事例がイラストでわかる
◎ 困っていることへの工夫を紹介
◎ ふりがな付きで小学生から読める
◎ 親子で、先生と生徒で一緒に読みながら考えられる

ベストレビュー

どうしてそうなったのかがわかった

1年生〜5年生の知的障害のおともだちが、学校でいろんな不思議な行動をとる。その周りの子や先生がどうやったらみんなとうまくやって行けるかを具体的に考えて実行していく絵本。
第2章は知的障害のあらましを説明。漢字にはフリガナがふってあり、文字も大きめで読みやすい。

自分の生活の中で、子どもの頃は学校にあった特殊学級に通う子があって、みんなと違っていた。具体的にどこがどう違うかはわからないし、交流もないし、その子たちに近付いたらダメだという暗黙の了解みたいのを感じた。大人になるまで知的障害者に実際に接触することはなかった。
手話を学習するようになり、聴覚障害と別の障害を合わせて持つ「重複障害」の人に会う機会ができた。どのように接してよいかわからないので、今、絵本でだいたいのことを学んでいる。わかりやすいので助かる。ただ、教科書通りにはいかないと思うので、気長に取り組んでいきたいと思う。便利なシリーズなので全部読んで理解を深めたい。もっと人生の早い段階で、障害や病気などがある人の理解ができる機会が必要だと、最近特に思う。
(渡辺諦さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


原 仁さんのその他の作品

発達と障害を考える本(11) ふしぎだね!?てんかんのおともだち


絵本ナビホーム > 一般 > 全集・双書 > 社会 > 発達と障害を考える本(6) ふしぎだね!?知的障害のおともだち

『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

発達と障害を考える本(6) ふしぎだね!?知的障害のおともだち

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット