新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ
発達と障害を考える本(7) ふしぎだね!?身体障害のおともだち

発達と障害を考える本(7) ふしぎだね!?身体障害のおともだち

監修: 日原 信彦
出版社: ミネルヴァ書房

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年04月25日
ISBN: 9784623048939

AB・56ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

身体障害のおともだちの文化を理解し、助け合い、協力する気持ちを育てる。

【ここがポイント!!】
◎ 障害を理解するための「最初の一歩」
◎ よくある事例がイラストでわかる
◎ 困っていることへの工夫を紹介
◎ ふりがな付きで小学生から読める
◎ 親子で、先生と生徒で一緒に読みながら考えられる

ベストレビュー

車椅子だけではない

身体障害とは、体のどこかに不自由のある場合全てを言う。ただし、この本では肢体不自由を紹介している。脳性まひ、二分脊椎、筋ジストロフィーの小学生をモデルに、日常生活で起こりうる誤解やトラブルとその対応策、解説。第2部は肢体不自由についての詳しい説明で理解を更に深める。

肢体不自由というと、車椅子というイメージを持っていたが、それだけではなかった。足につける装具、栄養をとるチューブ、排泄のときに使う道具など様々な器具が必要な場合がある。特に印象に残ったのは、二分脊椎の3年生の少女が、トイレに行くときに特別な道具を使う必要があるため、いつもポーチをもちあるいているケース。他の子どもたちが好奇心で勝手にポーチを開けたり、からかわれるのが怖くていつも肌身離さず持ちあるいている。そのためにおきるトラブル。誰にも話せないために余計に問題を抱えてしまっていて、かわいそうだった。
絵本では排泄について、体の状態についてクラスメートに説明をして理解してもらい、協力してもらうようにしたという対策を紹介していた。このようにうまくいくといいが、中には余計にいじめられたり、そもそも先生や学校が問題視してくれない場合もあるのではないだろうか。私が在籍していた学校はいじめがひどかったので、こういう場合の対応は難しい状況になったのではないかと思うと心が痛い。

とはいえ、どうにか周囲の人たちとうまくやっていけるように、朝鮮を続けていくことが必要だ。こういう本を積極的に学校は活用してほしい。小さいうちに知っておけば、マシな対応ができるのではないかと思う。
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


日原 信彦さんのその他の作品

発達と障害を考える本(12) 発達って、障害ってなんだろう?


絵本ナビホーム > 一般 > 全集・双書 > 社会 > 発達と障害を考える本(7) ふしぎだね!?身体障害のおともだち

みんなで参加しよう!えほん祭

発達と障害を考える本(7) ふしぎだね!?身体障害のおともだち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット