新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
発達と障害を考える本(11) ふしぎだね!?てんかんのおともだち

発達と障害を考える本(11) ふしぎだね!?てんかんのおともだち

監修: 原 仁
出版社: ミネルヴァ書房

税込価格: ¥1,980

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「発達と障害を考える本(11) ふしぎだね!?てんかんのおともだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年04月20日
ISBN: 9784623051106

AB・56ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

てんかんのおともだちの文化を理解し、助け合い、協力する気持ちを育てる。

【ここがポイント!!】
◎ 障害を理解するための「最初の一歩」
◎ よくある事例がイラストでわかる
◎ 困っていることへの工夫を紹介
◎ ふりがな付きで小学生から読める
◎ 親子で、先生と生徒で一緒に読みながら考えられる

ベストレビュー

知り合いのお子さんがてんかんだというので…

小学生の2〜6年生の男女5人の学校生活で、発作が起きた時や薬の副作用などが原因でいろんな問題が起きる。先生や級友などと一緒にどうしてそうなるかを理解し、どうやったらうまくやって行けるかをさぐる。事例の漫画の後、てんかんの仕組みや気を付ける事などの概要が紹介される。巻末には参考資料・WEBサイトなども。

 知り合いのお子さんがてんかん、というので、どういう風になるのか興味をもった。てんかんの発作というと、体が痙攣して硬直する発作しか知らなかったが、この絵本を見て、発作にはいろんな出方があることを知った。もし、てんかんの発作の事を知らなかったら、学校や職場で誤解されるだろう。
てんかんでなくても、薬を飲んだり、病院に行ったり、他の子と違う事をするとからかわれたり、いじめられたされがちだ。私は長年持病があるので、健常者から奇異な目で見られたり、病気の症状を「怠け」「言い訳」などと誤解されて迫害を受けた経験があるから、この絵本に出てくるてんかんの子の気持ちがよくわかる。
でも、もし、自分が病気をせず、全く健康で、病気や障害の事を知らなかったら、きっと彼らを理解しようとせず酷い事を言うだろう。

この絵本では、てんかんのいる子の教室全体が理解する努力をし、全員が好意的に受け取り、協力している。現実は、そううまくいかない事も多々ある(知り合いのお子さんは、いじめられていた)が、よい事例を目標に取り組む事は価値があるはずだと思う。
てんかんを始め、全ての病気や障害について正しい理解が広まり、生活しやすい社会になって欲しい。
(渡”邉恵’里’さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


原 仁さんのその他の作品

発達と障害を考える本(6) ふしぎだね!?知的障害のおともだち


絵本ナビホーム > 一般 > 全集・双書 > 社会 > 発達と障害を考える本(11) ふしぎだね!?てんかんのおともだち

Z会の小学生向け新教養書「99%シリーズ」の魅力を紹介!

発達と障害を考える本(11) ふしぎだね!?てんかんのおともだち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット