ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
クリスマスのうさぎさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリスマスのうさぎさん

作: ウィル ニコラス
絵: ウィル ニコラス
訳: わたなべ しげお
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「クリスマスのうさぎさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

メリークリスマス!

デービーが罠に掛かったきつねに、「この罠を外しておくれ」と言われた時に、外して大丈夫かなあ?って思った私を恥ました。デービーはきつねのふさふさした毛を痛めないように気をつけながら罠を外してあげたのに感心しました。きつねは騙したりしないでデービーをクリスマスパーティに誘ってくれたのです。きっとデービーの思いやりが嬉しかったのだと思いました。みんなで鬼ごっこをしているのに、赤毛のリスが鬼になったのにご馳走をいっぱい食べたリスは瓦礫の穴の中で眠り込んでいるのに笑えました。リスを責めない動物たちも立派だと思いました。デービーぼうやのプレゼントになりたいこうさぎの勇気に複雑な気持ちでした。仲間達と離れてちょっと可哀そうな気持ちになった私でした。おじいさんうさぎだって幾ら沢山の孫がいてもきっと手元から離したくなかったと思いました。デービーがいつまでもこうさぎと仲良く暮らすのをわかっていたのかなあって思いました。お互いに仲のよいお友達のなれると信じて手放したのだと思いました。こうさぎがデービーに体を摺り寄せてきたのがなにより幸いでした!
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

ウィルさんのその他の作品

みつけたものとさわったもの

わたなべ しげおさんのその他の作品

みてるよみてる / ぞうのホートンひとだすけ / みてるよみてる(大型本) / さとうねずみのケーキ / おまわりさんのスモールさん / ちいさいヨット



母であることのすべてがつまった、一生の宝物になる絵本

クリスマスのうさぎさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット