宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
てのりゾウのパズー 走る走る走る
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てのりゾウのパズー 走る走る走る

作・絵: 小泉吉宏
出版社: 幻冬舎

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「てのりゾウのパズー 走る走る走る」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

飼う時は責任をもってね。

パズー・シリーズ第2段です。
題名通り、パズーもぼくもよ〜く走ってました。

ぼくの家での生活にどんどん慣れていくパズー。
とうとう家の中だけでは飽き足らず、ちょっとドアを明けた拍子に外へ出ていってしまいます。
今回はそんなパズーと、パズーを追いかけるぼくの、小さな冒険のお話でした。
いろいろなところをチョロチョロと駆け回るパズーは可愛かったです。
最後の方で、ハチにさされた時はドキッとしましたが、ぼくが急いで病院に連れてって、注射をしてもらって元気になりました。よかった。
ホント、子育てと同じで、動物を飼うものいろいろ大変ですよね。でも、この絵本のぼくは、いつも一所懸命パズーの世話をしていて、とっても好感が持てます。
やっぱり、動物を飼う時は、可愛がるだけでなく、飼い主としての責任をもって欲しいですね。
もしかして、作者にはそういう想いもあるのかしら?
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小泉吉宏さんのその他の作品

てのりゾウのパズー お手をしてごらんよ / コブタの気持ちもわかってよ / てのりゾウのパズー / 戦争で死んだ兵士のこと



祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

てのりゾウのパズー 走る走る走る

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット