季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
月のかがく

月のかがく

  • 絵本
監修: 渡部 潤一
絵・文: えびな みつる
写真: 中西 昭雄
出版社: 旬報社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年05月02日
ISBN: 9784845112104

B5横判上製/32頁

出版社からの紹介

わたしたちの一番身近な天体、月。
月の不思議と魅力を、ちょっと科学的に絵と写真で紹介。
子どもも大人も楽しめる、月の魅力満載の写真絵本。

主な内容
・月はこうしてできた
・月の地形図
・月までの距離
・月はどうしてかたちが変わる? 
・月のもようはなににみえる?
・アポロ11号 月面着陸
・月食、赤い月のふしぎ
・月のデータ
・日本で見ることのできる月食

ベストレビュー

「月ってこんなもの」

こういた科学絵本は、だいたい何年生くらいの子どもにもわかるようにと、想定されて作られているのでしょうけれども、大人が読んでも十分面白いし、今まで知らなかった世界が広がります。

この本は、写真や精密な美しい月の絵とともに、
古来世界中に伝わってきた月の影の見え方(各国につきの物語あり)や、アポロが月に着陸した時のこと、月の満ち欠けのことなど、
それほど厚みのある本ではないのに、簡潔な文と写真と絵で分かりやすくまとめてくれています。
この本を読むと、「月ってこんなもの」というのが伝わってきます。

月が美しく見える秋の時期に子どもたちに紹介したい1冊です。
多少細かい部分もありますが、読み聞かせにもお薦めです。
(小学校4年生以上くらいからでしょうか)
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

渡部 潤一さんのその他の作品

天体望遠鏡ウルトラムーン / 新版 小学館の図鑑NEO 星と星座 DVDつき / 図解 最新 宇宙の話 眠れなくなるほど面白い! / アインシュタインの影 ブラックホール撮影成功までの記録 / そうだいすぎて気がとおくなる 宇宙の図鑑 / 講談社の動く図鑑MOVE mini 星と星座

えびな みつるさんのその他の作品

星空のかがく / 太陽のかがく / すぐにさがせる!光る星座図鑑 / ほしにむすばれて / 星空へようこそ / すばらしい一日

中西 昭雄さんのその他の作品

よむプラネタリウム 春の星空案内 / よむプラネタリウム 冬の星空案内 / よむプラネタリウム秋の星空案内 / よむプラネタリウム夏の星空案内



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

月のかがく

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット