話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ
いまむかしえほん(8) みるなのへや

いまむかしえほん(8) みるなのへや

  • 絵本
作: 広松 由希子
絵: 片山 健
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年06月
ISBN: 9784265080083

3才向け
A4変型判・28.0×21.0cm・32頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

旅の男が山道に迷ってたどりついた館には1人の女がいて、男を泊めてくれました。
翌朝、女は奥の部屋を決して見ないようにと言い残して、出かけてしまうのでした…。

いまむかしえほん(8) みるなのへや

ベストレビュー

おわりはあっけないけれど

みるなと言われれば、みたくなるという心境をじつにうまく描いた作品だと思いました。
一つ一つのおへやがどれもすばらしいため、どんどんふすまをあけていってしまうのは、仕方がないと思います(笑)
ページをめくりながら、私たちも「次がみたい!」という気持ちが高まり、男といっしょに旅する気分になってしまう。まほうにかかったような気持ちになれるお話です。

最後は実にあっけない。。。それが、むかしばなしのよいところでしょうか。夢のようなひとときはつかのまなのかもしれない。読後はそれを思い知らされる瞬間ともいえます。
(けいご!さん 40代・ママ 女の子13歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


広松 由希子さんのその他の作品

目で見て かんじて 世界がみえてくる絵本 / うるさく、しずかに、ひそひそと 音がきこえてくる絵本 / なんにかわるかな? / さむがりペンギン Pengouin glace / おばあちゃんはだれににているの? / きょうの絵本 あしたの絵本 2001から2012の新刊案内

片山 健さんのその他の作品

だーれもいない だ−れもいない / なっちゃんの なつ / とんねるをぬけると / あったかいな / だーれもいない だーれもいない / きはなんにもいわないの


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > いまむかしえほん(8) みるなのへや

カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

いまむかしえほん(8) みるなのへや

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット