もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
たいへんたいへん、あかちゃん、まって!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たいへんたいへん、あかちゃん、まって!

作・絵: ペギー・ラスマン
訳: たがきょうこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「たいへんたいへん、あかちゃん、まって!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年07月
ISBN: 9784198618896

出版社からの紹介

大人がみんなパーティでうかれているときに、村のあかちゃんが、みんなはいはいして逃げ出しちゃった・・・。

ベストレビュー

人物は全部、影絵みたいになってます。

背景以外は切り絵のような影絵になっています。
大人がパイ競争に夢中になっている間、会場に来ていた5人の赤ちゃんが、ちょうちょにつられて、ふらふら出かけてしまいます。
それに気付いた主人公の「ぼく」(年は5、6歳ってとこじゃないでしょうか?)は、赤ちゃん達を追って、森の中へ…。
何度止めても、どんどん森の奥へいってしまう赤ちゃん達。ついには、小高い崖の上から赤ちゃん達は落ちてしまうというハプニングあり!赤ちゃん達を救おうと奮闘する「ぼく」の子供らしいがんばりに感動します。
やっとの思いで、赤ちゃん達をパイ競争の会場に、連れ戻したぼくは、みんなから誉められたようです。
この絵本の中で、わたしの一番のお気に入りのシーンは、最後のページ。一日大活躍だったぼくが、自分のママの腕の中で、武勇伝を聞かせながら、眠りについてしまうところ。
なんだかとってもあたたかい絵本です。
人物が全部影絵なのも、個性的で面白いので、ぜひ、読んでみて下さい。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ペギー・ラスマンさんのその他の作品

ミニブック おやすみゴリラくん(ボードブック) / あと10ぷんでねるじかん / バックルさんとめいけんグロリア / まねっこルビー / おやすみゴリラくん / Good Night、 Gorilla(おやすみゴリラくん)

たがきょうこさんのその他の作品

ネコがすきな船長のおはなし / ちいさいおうち うみへいく / ミニブック かわいいあひるのあかちゃん  / ホー ホー! きれいだな ミミズクのいろのえほん / こねこのネリーとまほうのボール / ベスとベラ



「楽しみながら生活する気持ち」と「生活習慣」を学べる絵本♪

たいへんたいへん、あかちゃん、まって!

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット