宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
とうだい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とうだい

  • 絵本
文: 斉藤 倫
絵: 小池 アミイゴ
出版社: 福音館書店

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年09月15日
ISBN: 9784834082890

読んであげるなら・ 4才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
ページ数:44
サイズ:24X26cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

来る日も来る日も海を眺める灯台は、旅する渡り鳥のことを、うらやましく思っていました。でも、ある嵐の夜、灯台は気がつきます。自分のいる場所のこと、なすべきことを。

ベストレビュー

2016年、マイベスト!

目があるように見えなくもない、ちょっぴり擬人化された灯台です。
でも、子供向けにありがちな単純なイラストじゃないところがいいです。

言葉も厳選されていて、読んでいて心地よさを感じます。

そして何よりも・・・他人は他人、自分は自分と、ひがんだり羨んだりせず、かといって他人を排除するのではなく他人の生き方も認めつつコツコツと生きていく(?)姿がぐっときました。

あらしにまけるな とうだいはここにいるぞ
とうだいにできることはひかること

ここを読みながら、思わず涙ぐみそうになりました。
2016年マイベストに決定です!
(ミキサー車さん 40代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斉藤 倫さんのその他の作品

はるとあき / ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集 / えのないえほん / 波うちぎわのシアン / クリスマスがちかづくと / せなか町から、ずっと

小池 アミイゴさんのその他の作品

うーこのてがみ 水曜日郵便局 / 小さな赤いめんどり / サイコーのあいつとロックレボリューション / かぜ ひいた・・・ / ちいさいトラック



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

とうだい

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット